プジョー目黒フォトギャラリーに行ってきた。先週末に。

BLOGにアップしたつもりがどっか行ってしまったので1週間後ですけど載せときます。 先日こんなエントリーを書きました。 プジョー目黒 フォトギャラリー2019の狙いとは?https://kaisendon.seesaa.net/article/470023180.html ってことで、先週末にちょっと覗きに行ってみたんですよ。 他のオーナーさんはどんな写真を投稿したのか? どん…

続きを読む

本当にあった呪いのテレビ

kaisendon / 海鮮丼太郎@無念FBM欠席自宅のテレビが壊れたとの第一報。はるにかったばかりだというのに。娘さん風邪ひいて出かけられないからテレビが生命線だというのに…残り連休どうしよう…? at 09/21 14:39 3連休初日。風邪で出掛けられない娘さんを置いて、幼稚園のパパ会の打ち合わせで出かけていたら、嫁から妙なメッセージが届いた。 朝まで使えていたテレビがつかなくなった、…

続きを読む

男が育児で出来ること(2)

男性も積極的に育児に関わっていくべきだ。 では具体的にどうやって? 日常の家事分担は個々の家庭の事情に応じて調整するべきであって、やるやらないの話ではありません。どうやるか、という話です。 ここで主題にしたいのは、もう少し広範囲の育児への関与です。 幼稚園や保育園に通わせるようになると、大抵の場合は園とのやりとりはママが担うことになります。 日常的な様子を連絡ノートでやりとりするこ…

続きを読む

質問箱で自分語り

なんだかよくわからないけど @kaisendon の質問箱らしいです。 https://t.co/dZ4inVYPBU #質問箱 #peing— 海鮮丼太郎@無念FBM欠席 (@kaisendon) August 8, 2019 今更であれなんですけどね。 実は、半年以上BLOGの更新が滞っていた理由の一つに、長文が書けなくなるというスランプに陥っていた、というのがありました。日常的にtwi…

続きを読む

男が育児で出来ること(1)

男性も積極的に育児に関わっていくべきだ。 そんなもん言われなくたってわかってます。 娘さんを連れてお出掛けするばかりが育児ではありません。 日常の家事だって大切だし、お友達とうまくコミュニケーションできるように導くことも大切です。 幼稚園に通うようになり集団生活を経験することで、見えてくることも色々あるわけです。 当方の血を引いた娘さんです。 まともであるわけがありま…

続きを読む

久しぶりのタイヤ交換

そんなわけでまともに走らないプジョーさんのタイヤを交換しにイエローハット系列のタイヤ専門店『トレッド新横浜師岡店』に行ってきました。 前回までの顛末はこちら。 まっすぐ走らないプジョーさんhttps://kaisendon.seesaa.net/article/470005479.html 前輪だけをスタッドレスタイヤに交換したところタイヤのガタつきはなくなったため、原因は足回りではな…

続きを読む

男の育児とプジョーさん

「男性も育児に積極的に関わるべきだ」 みたいな論調、昨今よく聞くようになりましたね。 こちとらせっかく子育ての機会を得たのだから関わらないのがもったいないという性分であり、イクメンだなんだといちいち言われなくても積極的に関わってますよ。 あまり干渉して欲しくない嫁とケンカになることがしばしばあるわけですが。 男性にとって子育ては義務ではなく権利です。 嫁にばかり任せておくわ…

続きを読む

プジョー目黒 フォトギャラリー2019の狙いとは?

販売が好調なプジョーさんではありますが。 他のメーカーがブランド強化と販売促進には既存オーナーのエクスペリエンスが大切だ、ということでイベントやSNSの活用によるオーナーとの接点を積極的に持つ施策を打ち出す中、まるで逆張りするかのように徹底して既存オーナーを無視し続ける我らがプジョーさん。 その分新規顧客の獲得のために販促予算を振り向けていたようで、雑誌のタイアップ広告やベタなバナー広告など…

続きを読む

まっすぐ走らないプジョーさん

kaisendon / 海鮮丼太郎@無念FBM欠席タイヤが回転するごとにこの挙動。さすがにまともに乗り続けるのが難しい。さて、次から次へと色々出てくるな… https://t.co/x3uTNurgF9 at 09/08 09:24 見てくださいよ、これ。 先月末に懸案だったエアバッグ警告灯の修理を行いました。 おかげさまで警告の類はいっさい出なくなり車検も通せる状態になりましたの…

続きを読む

プジョーさんは今度こそ年販1万台の夢を見るか?

輸入車市場が好調という話はここ数年でずいぶん知られるようになりました。 その原動力となるのはメルセデスを始めとしたドイツ車の勢いによるものでしたが、そんな中で第二勢力とも言えるイタフラ勢も存在感を発揮しているなんて話は昨年のBLOGでもお話してた次第です。 ところが一転して2019年度はトップのドイツ勢が揃って前年割れを続けております。 大きな要因として破竹の勢いで数字を伸ばしてきたメルセ…

続きを読む