307swが8回目の車検ですよ。(1)

20200513_115334.jpg

新型コロナで賑やかですね。

そんなわけでどこにも出かけられない日々が続く中、我が家のプジョーさんも6月に17年8回目の車検を迎えます。

もはや日本における平均的な耐用年数を突破し、このまま行くと物好きなヤツ呼ばわりされそうですが、そもそもまだ十分に使えてなおかつ満足度の高い乗り物を買い換えるだけの理由がないというのがあるわけで。

この10年近く同じことを言い続けてる気もしますが。

とはいえ財源が無限にあるわけではありませんので、維持コストが限界を迎えれば何らかの決断をしなければならない、ぐらいの正常的な思考は持ち合わせております。

要は、乗り続けるのと買い換えるのと、どちらかコストパフォーマンスが高いか?という話です。

で、維持コストの最上位に位置するのが車検であります。

クルマに関する税金の在り方については言いたいこともありますがクルマに乗ってれば等しく発生する費用なのでとりあえず置いておきます。

車検にあたり点検整備でどれだけの費用が発生するか?乗り続けるかの判断はこの点に集約されるとも言えます。


■最近のプジョーさん
我が家のプジョーさんは日常的に使っていて異常が出た箇所は適宜修理対応という形で対応をしてきました。

前回の車検から今までで予定外の故障による支出は…

車検終了の帰り道で発生したエアバッグランプの異常点灯に伴うステアリングコラムの交換(3.2万円)と、劣化によるワイヤー断線によって変形したタイヤの全交換(4.7万円)というのがありました。その辺のお話はこちら。

海外からパーツを取り寄せて修理した話
https://kaisendon.seesaa.net/article/469573025.html



ステアリングコラムに関しては国内正規パーツの料金が高すぎ&車検終了すぐに発生で激昂モードだったためパーツを海外から取り寄せて正規の半分ぐらいの価格で済ませました。

タイヤに関してはぼちぼち寿命近いと感じつつ先延ばしにしていたところいよいよ寿命ということで4本交換したら別のクルマのような乗り心地に戻りました。

トピックといえばくれぐらいのものだったのでさしてBLOGに書くこともなし…のような平穏な日々を過ごしておりましたが4月に発生した「Automatic Gear Fault」のメッセージが今後の先行きを不安にさせます…


■今回も事前見積りサービスを使う
では、車検にはいくら掛かるのか?

知りたければ見積りを作ってもらえばいいんです。

ってことでイベント取材などをさせて頂いて接点を作ってはみたものの、プジョー目黒さんには申し訳ないんですが、今回もプジョー新横浜の車検費用の事前見積りサービスを利用することにしました。(だって目黒でそういうのやってないんだもん)

車検費用の事前見積りサービスについては前回の車検時のエントリーで説明していますのでよろしければどうぞ。

307swが7回目の車検ですよ。(1)
https://kaisendon.seesaa.net/article/460314842.html


本来であれば車検の際にクルマを預け、そこで詳細な点検を経た上で整備する箇所を見積りに落としてもらうのが一般的です。

その際に予想以上に高額な見積りが出て、急遽クルマを乗り換えるという判断をすることもあったりしますが、それだと諸々時間がなさすぎます。

そこで早い段階でクルマを1時間程度預けておおよその見積りを作ってもらうというのが事前見積りサービスです。

もちろん詳細なチェックをしているわけではないので細かい部分で整備項目が増える可能性がゼロではありませんが、クルマの現在の状態と車検に必要な概算をここで算出することができます。

例えばエンジンがヤバいとか排気系全交換みたいなことであれば躊躇なく乗り換えの検討に入ることができます。

乗り換えるにしても検討時間が多いに越したことはありません。


■見積りを作ってもらったら…
在宅ワークで毎日家にいると、平日も土日も関係なくなってきます。

ディーラーの暇そうな時間ということで平日朝一番に予約を入れて、リフトアップでプジョーさんのチェックをしてもらいます。

ディーラーで仕事をしながら待つこと小一時間。

出てきた概算見積りのうち定期交換以外の項目は…

 ①左タイロッドエンドボールジョイントにガタつき
 ②ATユニット付近からオイル漏れ跡あり

①はそろそろだと思ってたので想定範囲。
②についてはやはり先日のエラー表示との関連が疑われます。

問題はATの故障がどのレベルか?という話です。

 松コース = ATユニット全交換(30万円~)
 竹コース = ATユニットのオーバーホール(15万~)
 梅コース = ソレノイドバルブの交換(10万~)

松、竹コースは問答無用でアウト。梅コースで要検討、という感じです。

ただ、症状が出たのが一度だけということもあり、今回はオイル漏れ跡を洗浄して今後も漏れるかどうか様子を見ましょう、という話になりました。

そのため確実に交換を要するタイロットエンボールジョイント交換を含めた見積り額は約20万円となりました。

この内容で乗り続けるか否かの判断をするなら、現時点では「乗り続ける」です。

あとは車検の日までにATのエラーとオイル漏れの原因救命ができればいいんですけどね。


"307swが8回目の車検ですよ。(1)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。