ハイウェイスターなプレマシー

LAFESTA_HighwayStar.jpg

そんなわけで、マツダのプレマシーを日産がOEMという形で供給を受けて「ラフェスタ ハイウェイスター」の名称として発表されますた。

日産自、ミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」をフルモデルチェンジ


全体的なフォルムは同じものの、前回書いたように、プレマシーのアイデンティティでもあったNAGAREラインは無く、ドアは4枚とも日産向けのデザイン。
他にもクロームグリル&フード、前後バンパーあたりが専用設計になっている。

i-stop…じゃないアイドリングストップ機構は同じように採用されており、メカニカル的にはほぼすべてをプレマシーと共有している。
スキンチェンジみたいなもんだね。

ラインナップは2WDが3車種(1,991,850~2,268,000円)、4WDが2車種(2,289,000~2,483,250円)ということで、プレマシーの価格帯(1,799,000~2,314,000円)に比べると上位にシフトしている。
これは予想通り、マツダの量販車種であるプレマシーとの直接的なバッティングを避けるためと、ハイウェイスターという日産におけるスポーティグレードでしっかり稼ぐという思惑が合致したからだろう。

ただ、プレマシー自体がバーゲンプライスみたいなクルマであり、ラフェスタ ハイウェイスターになったとしても、コストパフォーマンスは悪くない。

どちらを選ぶかはお好み次第だが、正直言うとラフェスタ ハイウェイスターの方がカッコイイとは思う。

ひょっとすると、月販ランキングの上位に顔を出すのはこちらかもしれない、なんて気がしないでもない。

マツダディーラーにとってはおもしろくない話かもしれないが、せっかくだからちゃんと売れて、次のマツダの展開に繋げていって欲しい。

今後のSKYACTIV搭載のスケジュール次第だが、現時点で国産3列シート車を選べと言われたら真っ先にこの2車種をオススメしておく。
 

"ハイウェイスターなプレマシー"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。