ガチャピン疾走!

gachapin.jpg


ちょwwwおまwwww

体感スピードは無限大、ポンキッキーズ21からまさかの参加
国光vs悟vs亜久里vsガチャピン、インテグラ最速は誰だ



gachapin2.jpg
▲S2000乗車時とは異なり頭を斜めにしないと乗車できないため、
 直線コースでも横Gを受けているかのような姿に。


腹抱えて笑ってもうた。

こういうイベントは楽しくていいな、と素直に思う。
番組収録のネタとしても楽しいし、会場に来ていたファンはもっとおもしろかっただろう。
プロのすばらしいテクニックを披露するのも確かにイベントとしては有意義だと思うが、そこにひとつこうしたエッセンスを加えることで、コアなファン以外にもなんだか楽しそうだから、という集客の効果が期待できる。
モータースポーツは興味がある人とない人の間に深い溝が出来てしまっている状況でなかなか認知度が上がらずに苦しい運営が続いている。
子供が(しかも大人でも楽しめる)ガチャピンというキャラクターを引っ張ってきたのは英断だと思う。
事前に知っていればおいらも観に行ってみたかったぐらいだ。


それにしても、今更ながらガチャピンのチャレンジシリーズのはじけ度合いはすごいを通り越してクレイジーだ。

カンフー、体操、ジェットスキー、マウンテンボード、モーグル、 スキューバダイビング、ロッククライミング、ハンググライダー、スキーやサーフィン、モトクロスなどさまざまなチャレンジはDVDとして販売されている。

ガチャピンチャレンジシリーズ
ガチャピン チャレンジシリーズ 2ndステージ
ガチャピン チャレンジシリーズ 3rdステージ


ガチャピン宇宙へ行くのように、もはや歯止めが効かなくなってるあたり、ガチャピンの中の人が死んだりしない限りは永遠にエスカレートしていくんじゃないかと思われる。

今後のガチャピンの活躍にも期待しよう。


【2006.1.20 補足】

★放映時間が決定しました
 2006年1月21日 6:00~6:30 フジテレビ系列にて

この記事へのコメント

  • うつぎだ

    お疲れ様でございます。

    私も、この場のグランドスタンドにおりまして、ガチャピンの疾走をハラハラと(大笑いもしつつ)見守っておりましたよ。

    同行の友人は「(中に入って)誰が運転しているんだろうね?」と言っておりましたが、それに対して私は「中の人などいない!ガチャピンはガチャピンなのだ!!」と強く語っておりましたとさ(笑)。
    2005年11月27日 00:43
  • 海鮮丼太郎

    おぉ!現場に行かれてましたか。
    ガチャピンやばすぎですよねぇw

    2005年11月27日 20:23

この記事へのトラックバック