ノジマさん、だいじょうぶですか??

nojima.jpg

神奈川県を拠点に展開する家電チェーン、ノジマの店頭で、おいらは自分の目を疑った。

この冬 ノジマは石油暖房機器の販売を中止しました。


いったい何ごとだ!?
なんでも、理由はこうだそうな。

【理由その1】
もっとも省エネなのがエアコン暖房だから!
【理由その2】
もっとも家計に安心なのがエアコン暖房だから!
【理由その3】
もっともクリーンで安全なのがエアコン暖房だから!

物事を一面から都合よく捉えると、こんな理由付けができてしまうのか。
しかも、エアコン vs 石油暖房機器として比較されているのが以下のとおり。
hikaku.jpg
■10年コスト比較
エアコンを買うとこうなります
トータル22万円(標準工事費込み本体7万+15万円の電気代)

石油ファンヒーターを買うとこうなります
トータル32万円(本体2万+30万円の灯油代)

ここまでは、まあいいとして。
■使い勝手、安全性比較
エアコンを買うとこうなります
 ・火災事故、不完全燃焼がないから、安全安心
 ・給油の手間、収納も不要
 ・もちろんニオイもありません
 ・人に優しく、地球に優しい、サイフに優しい

石油ファンヒーターを買うとこうなります
 ・火災事故、不完全燃焼の危険がある
 ・給油の手間、収納が必要
 ・ニオイがする

こりゃほとんど言いがかりだよwww

エアコンより電子カーペットのほうが省エネだし、家計にも優しいし、ひいては室外機を動かすことによる温暖化の加速もすることがないのでクリーンと言うことができまいか?
こたつだって保温効果があるため実際に掛かるコストはエアコンよりずっと安く抑えられる。
それと、仮に部屋が3つあったとして、全室にエアコンを装備しろって話なのか?
灯油ファンヒーターであれば、必要な部屋に持ってって暖房ができるメリットがあるが、これは無視ですかね?

最近の灯油ファンヒーターは微燃焼モードというのを備えており、少ない灯油で長時間暖房することも可能になっている。
経験的に、こたつ+微燃焼モードの灯油ファンヒーターというのが最もコストを抑えた暖房が実現できるということを知っているだけに、なんでノジマがこうした無茶な販促を仕掛けているのかよくわからん。
また、ノジマと灯油ファンヒーターの取引をしていたであろうメーカーは、こんな書かれ方をしてどう思うんだろうか?

近所にはヤマダもコジマもあるが、両店ともしっかり灯油ファンヒーターもエアコンも並べて売っている。
エアコン絶対主義を宣言するのは勝手だが、選ぶのは消費者だ。
店に行って欲しいものが置いてなければ他所へ行くだけの話。
ノジマから客が離れるだけのオチにならなきゃいいが。

ということで、おもしろいので暖房器具売り場を定点観測している俺ガイル。
 

この記事へのコメント

  • 七誌

    布団かぶって爆熱デスクトップPC使ってりゃ暖房いらず
    2008年01月13日 18:32

この記事へのトラックバック