プジョーの2007年は1万台届かず

2007年12月度 外国メーカー車 新規登録台数

プジョーさんのあゆみ
2000年 10767台(6位)
2001年 12295台(6位)
2002年 15162台(5位)
2003年 15330台(4位)
2004年 12693台(7位)
2005年 10354台(7位)
2006年 10283台(7位)
2007年 8284台(7位)

こうしてみると、206の奇跡と307の好調が重なった2003年がピークだったということになりますかね。
それにしても今年の落ち込み幅は大きいねぇ…

ついに1万台割れとなってしまった原因をプジョージャポンがどう分析しているか、激しく気になるところ。
307はモデル末期につき新規在庫をほとんど入れてないし、407シリーズは全般的に調子が悪い。
207シリーズは見込みほど売れておらず、1007は現在の在庫を売り切った時点で販売終了とのことらしく、安価&コンパクト系のラインナップがどんどん厳しくなる状況において、経営という視点からどう舵を取るか。
まぁ、207の不調が明確になった時点で数字の見直しは進めているだろうが、とにもかくにも207swや1.4Lモデルの投入などラインナップの拡充と308シリーズの早期投入でもない限り、今年も10000台に乗せるのは難しいと思われる。

さて、どうなりますかね?
 

この記事へのコメント

  • 七誌

    最近は自転車とかペッパーミルを積極的に売り始めたらしい。
    展示はしてないようだがw
    2008年01月13日 18:34
  • おづら

    やっぱり以前みたいに「恋のから騒ぎ」や実写版「逮捕しちゃうぞ」みたいな番組にCMを出さないと駄目じゃない?

    と書いてみるテスト。
    2008年01月15日 08:34
  • なおなお

    近所のスーパーの駐車場でやっと207を見ました。
    206のときは販売開始後すぐに近所で見かけたもんだが、こりゃあ相当売れてないね。
    プジョーの苦戦が見て取れるよ。

    2008年01月15日 21:24

この記事へのトラックバック