D40x、早くもサービスセンター行き

noize1.jpg

絶好調、ニコンのデジタル一眼レフD40x。
これでちゃんと撮れなきゃあとは腕の問題、ということ少しでもカメラというものを理解するためにあれこれと撮影に勤しんでいるわけだが。
先日の城南島海浜公園で撮影した写真がこれ。

って、何ですかこれは…

noize.jpg

他の写真にも写りこんでる。

noize2.jpg

別の日に撮った写真にも写りこんでる。
noize3.jpg

買ったばっかりなのにもうトラブルかよ…
ってことでまずは原因の調査から。

レンズに付いた汚れだろうと思ってクリーニングしても、やはり写りこむ。
望遠レンズと標準レンズ双方でも写りこむ。
ということは、カメラ本体のセンサーかどこかがおかしいんだろうか?
買ってから3,4回しか使ってないのに?
レンズ交換も2回しかしたことがないのに??
遡って撮影した写真をチェックすると、どうも購入時から付いてた汚れのようだ。

これ以上はカメラの知識がないのでお手上げだ。
ってことでmixiや2ちゃんにヘルプを上げてみると、さっそく救いの手が。

なんでも、ローパスフィルターの汚れらしい。
ローパスフィルターがどんなもんかはよくわからんのだが、とりあえずレンズで拾った光をCMOSセンサーに中継する鏡みたいなもんでしょ?
で、D40xのメンテナンスモードでこいつについた汚れをブロアで吹き飛ばせばいいらしい。
一眼買うときは、ブロア買ってるよね。。
これで、大抵のゴミは吹き飛ぶ。
モードをA、絞り優先にして、F22とかまで絞り、空向けて一枚写し、ゴミを確認する。。
次いで、F11くらいでも撮ってみる。
新品なので、微小な油質ゴミが付着してるだろうから、F11くらいでも気になるようなゴミが残っていたらSC行き。

すいません、ブロアって何ですか…?(;´Д`)
あのシュコシュコってやるやつは、一眼レフには必須だったのか・・・

ってことで、これ以上は素人が手を出さないほうがいいと判断。
新宿にあるニコンのサービスセンターに持ち込むことにした。


新宿Lタワーにあるニコンのサービスセンターは、平日の昼間だというのに順番待ちができるほどの混み具合。
待つこと10分、受付に症状を伝えると、やはりローパスフィルターの清掃が必要とのこと。
「保証期間なので無償でやりますよ」って、そんなの当たり前でしょうが。

作業にはだいたい1時間ほど掛かるとのことで、その間お隣のビックカメラでちゃんとした三脚を買うことにした。
旅行にも持っていけて、きちんとした強度のあるものを、ってことで店員に相談して選んだVelbonのMAXi347GB
三脚に1万円も出したのは初めてだ。
でも、ちゃんとしたやつはもっと高いのよ・・・

ブラブラと買い物をしていると終了の連絡が入る。
カメラを受け取り、撮影テストも兼ねて都庁展望台に上がってみる。

夜の23:00までやっているという都庁展望台は、確かに眺めがいい。
晴れてれば、の話だが。

tochou_view.jpg

ってことで何これ・・・?
これでいったいどうすればいいというのでしょうか?

やはり東京の空気はまだまだ汚いんだねぇ、なんてことを再確認して帰路に着く。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック