偏った頭

brain_shock.jpg

かつて切込隊長が自分の頭の中を公開して話題になったことがあった。
本人はすでに覚悟をしているとのことなので外野がとやかく言うべきことではないが、隊長の話を聞いてると楽しくてしょうがないので、いつまでも元気でいてくださいとか思うわけで。

で、人の頭見て我が頭治せってことで、偏頭痛がするので一度きちんと見てもらうことにした。
いわゆるMRIというやつを、都立荏原病院にて実施。
その結果を医者から聞いてきたところによると、脳や血管には特に問題は発見されず、むしろ非常に健全な状態であるとのお墨付きを頂く。
ただし、「小さいころ何かあった?」との医者の問いに思い浮かぶ事項は特になく、両親にその旨話を聞くと、赤ん坊の頃右向いて寝るクセがあり、そのままの状態が長く続いたため、頭蓋骨の形成にちょっと問題が…っていうか、

頭歪んでんじゃん、おいら!!



人間の頭なんてものは左右対称なんてことはなく、どっかしら歪んでるものではあるものの、この頭蓋骨の形はいったい何なのだ、と。
右側頭部の歪みによって、脳のカタチも歪んでいる。体積も左脳の方が大きいようにも見える。
これはすなわち、理論的思考より直感を重視するとか、右翼的思考とか、IQよりEQとか、天邪鬼な性格とか、人とちょっと変わった嗜好とかにも全部影響してくるんじゃないかという気がしてきた。

脳が圧迫されているようにも見えるこの写真でも、医者の見解としては特に問題はないとのことだが、どうにもこうにもトホホな気分である。
 
 


この記事へのコメント

  • ねお電人

    脳外科的には脳圧とか血流異常とかの方が重要みたいですね。
    30代で隠れ脳梗塞とか見つかっちゃう人もいる世の中ですから、現状の健康に感謝ですよw
    2007年12月31日 07:52

この記事へのトラックバック