Blogを外部エディタを使って書く


かつて、WebページはHTMLエディタもしくはDreamweaverといったデザインソフトを使って構築するのが常だったが、BLOGの登場によってこうしたツールがなくてもWebブラウザベースでの更新が可能になった。

これにより、Windowsの初期のワープロのような軽度の装飾まではWYSIWYGで記述することが可能になり、複雑なHTMLコードを覚えなくても済むというのは非常にありがたい世の中になった。まぁ、タグの記述なんかは覚えないといけないけど、それは大した手間ではない。

ただ、各BLOGサービスが提供しているエントリー画面は必ずしも使いやすいとは言い難く、一人で複数のBLOGを運営している人なんかはその辺を統合的な環境で管理したいという要望もあったりするだろう。

ってことで、かつて一太郎やATOKで有名だったジャストシステムが、こうしたBLOGをはじめとするXMLの統合環境ソリューションとして、xfy Technologyというコンセプトのサービスを始めた。 この中のサービスとして、MovableTypeや各種主要BLOGシステムに対応した、xfy Blog Editorというエディタソフトを無償で配信しているので、ちょいと使ってみた。
このエントリーは、xfy Blog Editorで書いている。

Seesaaブログの機能のすべてには対応しておらず、基本的な機能に絞られているが、WYSIWYG(What You See Is What You Get)での記述とソースの直接編集を平行して行うことができるので、操作感はそれほど悪くはない。 デスクトップアプリなのだから、もう少し軽快に動いて欲しいという気はするが。

有償パッケージソフトとしてはまったくニーズはないだろうが、無償のエディタとしてならば便利に使う人も出てきそうな気がする。
おいら的には、ノートPCなどで外出先でBLOGを書こうと思った際に、現状のBLOGサービスではエントリ画面を呼び出して書かなければいけないためオンラインであることが前提になってしまっているが、このエディタを使うことでオフラインでもある程度の書き貯めしておくことができるのではないか、という点に期待している。
テキストベースで書き貯めてもいいんだけど、画像やテーブルの記述なんかはやはりエディタソフトがあると便利だ。

ジャストシステムはすでにパッケージソフトというジャンルそのものが衰退していく事が確定している状況において、Windows/Mac向けのATOK以外は力をいれず、その分リソースを企業向けソリューションに振り返るという戦略に出ている。

そこでキーになるXMLの統合環境というソリューションにおいて、無償で公開するアプリケーションと、有償で提供するソリューションをうまく使い分けたサービスで今後の生き残りを道を模索していくんだろう。

一太郎やATOKにそれほど深い愛着があるわけではないが、いろんなチャレンジをする企業は基本的に応援する性質なので、このエディタならびにxfy Technologyとやらをしばらくうぉちしてみようかと思う次第で。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック