夏だ!海だ!水没だ!2019(1)

iPhoneX_Submerged.jpg


夏も終わりに近づいた8月下旬のある日。

どこかで味わったこの感覚。

デジャヴ?

いえいえ、確かにありました。

昨年の8月、同じことをやっていました。




昨年は海でiPhoneSEを水没させ、帰宅後辛うじて電源が入るところまで復活させることはできたものの、それから1ヶ月ほどでついに息絶えてしまいました。


水没iPhoneSE、ついに力尽きる…
https://kaisendon.seesaa.net/article/461619224.html#comment


奇しくも新型iPhoneXSの発表数日前ということで、新機種を見極めた上で価格分の価値なしと判断して、IPX67等級の耐水性能を持つiPhoneXを中古でダサく購入したのが昨年9月の話でした。


【祝!iPhoneXS予約開始記念】iPhoneXを買った話
https://kaisendon.seesaa.net/article/461658008.html


iPhoneXは完全防水ではないものの、ちょっとした水濡れ程度なら問題ないスペックを備えているのがポイントです。

また万が一のことがあった場合に備えて月額700円で10万円までの修理費用を補償してくれるモバイル保険に加入して、過ちは2度と繰り返さないと誓ったのでありました。


購入したiPhoneXは秋葉原のイオシスで買ったものですが、よくよく調べると新品で2ヶ月しか使われないで中古市場に流れてきたブツであったため、ボディにほんの少しのキズがあるだけなのにものすげー安く買えて大満足でありました。

しかしそう都合よくいかないのがこの手の中古品でありまして、前所有者が端末代金の分割払いを焦げ付かせたためか、2019年3月にネットワーク利用制限が掛かってしまいました。


ネットワーク利用制限を食らった話


こうなると通信回線を利用することができないため、イオシスのネットワーク利用制限補償の制度を使って端末を交換してもらうことにしました。

この時交換用の程度の良い端末の在庫がなく、メーカーで外装交換を行ったという同型のiPhoneXと交換したのですが、前の機種に比べるとバッテリーがヘタってたりディスプレイの反応が微妙に悪かったりと、なんとなく程度がイマイチでありました。

とはいえ8万払って買ったiPhoneXです。

有効活用しないともったいないです。

初夏の水遊びから夏の海水浴まで、念のため防水ポーチに入れる形で運用して、若干水を被ることはあっても問題なく使用できておりました。


さすがIPX67等級だ。なんともないぜ。


ここまでは完全にAppleの技術力を信頼しきっていました。


そして8月も終わろうとしている中、いつものように洗面台にiPhoneXを置き、普通に顔を洗っていたら画面を少し濡らす程度にiPhoneXに水がかかってしまいました。

いつもならこの程度は水をはらってタオルで拭けば無問題なはずなのですが…

端末がどんどん熱を持ち、画面がだんだん擦れていき、そしてブラックアウトしてしまいました。

とはいえ画面をタッチすると反応が返ってきます。

つまり、端末の機能は生きてるが、画面が死んでしまったという奴ですね。

さあどうしましょ?



…という割に落ち着いていました。

なによりモバイル保険に入っているので修理コストは回収できるはずです。

端末が生きているので今のうちにiTunesでフルバックアップを取っておけば、新しい端末になっても最小限の手間で復帰できます。

バックアップがダメでも大抵のデータはクラウドで共有されており、写真データだけサルベージできればそう大きな被害ではありません。

そんなわけで夜中に粛々とバックアップ作業と写真のインポート作業に精を出し、いくつか問題があったのだがとりあえず今打てる手は打ちました。



次はモバイル保険の補償規定を確認し、必要な情報を集めます。

故障した端末の写真。
購入時のレシート。
申請に必要な書類の確認。


そして肝心の修理対応をどこで行うか?

修理費用は気にしなくていいので、今までのような街の修理屋さんではなくApple正規サービスプロバイダもしくはAppleストアで一番早く予約が取れる店を探してみました。



こういう時にAppleのサポートサイトは便利です。
https://getsupport.apple.com

apple_repair_resist.png


予約で早くても数日後まで待たされると思ったら、会社から行きやすいApple銀座でも割と余裕で当日の予約が取れるようです。

そんなわけで会社帰りに寄れる19:15の予約を取って出勤。

手元にiPhoneの無い一日が始まったのでした。



この記事へのコメント