コトバの魅力を伝えるイベント

seven.jpg

仕事上の縁で、今日は世田谷豪徳寺にあるアトリエで朗読劇を観てきた。
単なる朗読ではなく、かといって演劇でもなく、朗読劇。

『七人のシェヘラザード』という千夜一夜物語をベースとして、そのストーリーを7人のお姉さんが読み上げる、という内容。

30人も入ればいっぱいになってしまうアトリエで、手を伸ばせば触れてしまいそうな距離で聞くコトバの力。
朗読劇の場合、適正な観客との距離感ってどんなもんなんだろ?

じっと演じている娘さんたちを凝視するのもなんか違うし、目をつぶってその世界に酔いしれるのもなんかもったいない。
どういった姿勢で楽しむのがいいのか?
慣れてないおいらにとってはドキドキするような、それでもって素敵な90分ではありました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック