ラフェスタ ハイウェイスターが仕様の小変更を実施



デミオだ、ロードスターだと浮かれているマツダさんではありますが、既存車種も延命を図った小変更が行われております。

ご存知の通り、3代目プレマシーは日産の「ラファスタ ハイウェイスター」としてOEM供給されておりますが、そちらが10月からの法規対応としてVDC(Vehicle Dynamics Control=横滑り防止装置)を標準装備する形の小変更が行われました。

マイナーチェンジではなく、小変更です。

そのため、それ以外の部分で大きな変化はほとんどありません。

最低限の法規対応だけやって延命を図るか?
これを機にモデル販売終了にするのか?

メーカーにとってその車種を生かしておく意味があるかという点での判断になるわけですが、モデル終了と思われていたトヨタのエスティマがどっこい小変更で生き残ったように、まだまだミニバンの市場というのは切り捨てるほど市場はシュリンクしていないということなのかもしれませんね。


ちなみに、本家マツダのプレマシーも内装を小変更するかも、なんて話を以前ディーラーで聞きました。
実際どうなのかは近日中に商談も兼ねて聞きに逝ってこようかと思います。

いずれにしても、今はスポーティな車種を次々とリリースすることで手一杯のマツダさんですから、MPVやビアンテ、プレマシーといったファミリーユースの方まで手が回っていない状況です。

フルモデルチェンジがあるとしても、しばらく先になりますのでその辺はもうしょうがないですね。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック