NOTTV、3ヶ月で35,152契約と伸び悩み


2014年6月末現在の「NOTTV」契約者数について
株式会社mmbi(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞藤 務)は、スマートフォン向け放送局「NOTTV」の2014年6月末現在の契約者数が1,640,347件となりましたことをお知らせ致します。
主要3キャリアが過度な競争を招くという理由で契約者数の発表を毎月から四半期毎の発表に切り替えたのに便乗して、なぜかNOTTVも契約者数の発表については沈黙を守っておりました。

それがこっそりと発表になっておりましたが、このNOTTVうぉっちゃーの目を逃れることはできません。
って、うぉっちするの止めたんじゃなかったのか?と言われるとa~ha.という感じなのですが。

で、そのNOTTVですが。

ご存じのとおり周辺の環境が大きく様変わりしております。
また、NOTTV専用チューナーを内蔵した端末でなければ閲覧できなかった従来の環境から、外付けチューナーの「TV BOX」を発売するという新しいフェーズに入った、なんて話を前回していましたね。

で、視聴環境も改善されるNOTTVですが、肝心の契約数はどうなっているかというと…

NOTTV20140630.gif

「3ヶ月で35,152契約」

です。

月平均にすると11,717契約となります。
2014年3月の実績では8万契約を積み上げていたのに、大ブレーキですね。
そりゃ公表したくないのもわかる気がします。

もちろんこれには理由があって、過剰なキャッシュバックによる値引き競争の条件として、NOTTVに加入することを勧めていた販売現場が、キャッシュバック商法を4月から控えるようになったことで、あえてNOTTVを契約したいという人はこの程度しかいなかった、ということになるのでしょう。

おそらくこれが現状におけるNOTTVのポテンシャルと言っていいかと思われます。

対するストリーミングサービスのdビデオの方も会員数は伸び悩みのようで、いかに割引条件としての加入者が多かったかというのがうかがい知れます。

で、このNOTTVの状況ですが、今後改善される見込みがあるかどうか?
それはTV BOXによってある程度のかさ上げは期待できると思います。
思いますが、その需要が一巡すると、今回のように3ヶ月で3万契約程度伸ばすのがやっとかなぁ、という気がします。

新たに無料チャンネルも増えて、ヒマな人にとっての選択肢の一つになったことはいいことだと思いますが、NOTTVならではという番組もイマイチ確立できていないようなので、このあたりをどうするかというコンテンツ力が問われていると思います。

非常に基本的なことですが、魅力的な番組がなければ視聴者はついてこないわけであります。

CSから番組を買ってくるのも結構ですが、地上波・CSではできない、とはいいつつネットコンテンツほどアマチュア臭くもないあたりを狙っていくべきなんでしょうけど、番組表を見るとまだまだ迷っている感じがしますね。

まだまだ投資フェーズとはいえ、コンテンツ制作に掛けられる予算はあとどれぐらい、そしてどのぐらいの期間が残されているんでしょうか?

そんなに余裕はないかと思いますので、早く鉱脈が見つかるといいですね。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック