撤退戦はいかに被害を少なくするかが勝負の分かれ目(1)

IMG_1871.JPG

新しいPCをどのように調達するかというのはずっと懸念事項ではあった。
ちょうどWindowsXPのサポート終了ならびに消費増税前といことで市場には多くの新型モデルがあふれたわけだが、どうしても仕様的に希望を満たすもでるが絞り切れない。

現在メインで使用しているマシンはDELLのInspiron1720。
このマシンにSSD化など様々な手を加え、Windows7 Professionalをストレスなく稼働させるレベルのカスタマイズをしてある。

しかし、物理的にメモリの上限が6GBまでしか載せられなかったり、USB3.0も搭載しておらずハードウェアの仕様的に限界に近い状態ではあった。
そこでInspiron1720はサブマシンとすることにして、新たな母艦PCを物色することにした。


譲れないのは以下の点。

 ・SSD+HDDの構成が取れること(mSATA+HDDでも構わない。ハイブリッドHDDは不可)
 ・15インチ以上でFullHD(1920x1080)であること
 ・10キー付で、業務用途に耐えるキー配列であること
 ・そこそこの3D性能を有していること
 ・光学ドライブを内蔵いていること
 ・総予算12万円程度

つまり簡単に言えば、デスクトップPCの代替と成り得る全部入りノートPCということになる。
最新の高性能である必要はない。要は、バランスが取れていればそれでいい。

mSATAを使ったSSD+HDD構成については、最近いろんなモデルが対応するようになってきたがまだ一般的ではない。

そのため、2.5インチHDDベイを2スロット持つ機種がベストなのだが、以前はDELLがそうした構成が可能だったのに最近のモデルでは1スロット仕様に退化してしまった。
その他のメーカーを探すと、マウスコンピューターやドスパラなどショップブランドでは選択肢があるものの、メーカー系ブランドではほとんどこうしたラインナップがない。

唯一といっていいのが、hpのENVY 17シリーズだったりする。
スペックシートはこちら

他の部分はBTOカスタマイズでなんとななるので、いろいろ考えた挙句最終候補をhp ENVY 17-100jシリーズに絞って検討を進めてきた。

CPUがHaswellからHaswell Refreshへと世代交代が始まった状況なので、現行のHaswellモデルはキャンペーンなどで安くなると踏んで時期を狙っていたが、5月末のキャンペーンでキャッシュバク1万円というセールがあったので、このタイミングでオーダーしてみた。

待たされること2週間。

我が家に届いて新型のPCを開封し、さっそく設定やら何やらを始めたのだが、ここで大きな失敗に気が付いた。

カーソルキーが死ぬほど使いづらいのだ。

ENVY_key4.JPG
▲史上最悪のカーソルキー

条件として挙げた業務用途に耐えるキー配列というのは、ブラインドで数値入力が可能であり、しかもエディタやEXCELなどで頻繁にカーソルキーを使うので、‟ストレスなく”‟ミスなく”入力できることが前提ということになる。

弘法筆を選ばず

というが、この2点だけはどうしても譲れない。
生産性に大きく関わってくる重大な問題なので。
っていうか、当方は弘法様じゃないし。

写真である程度のキーレイアウトは確認していたものの、まさかここまで使いづらいとは思わなかった。
上下カーソルキーが通常の半分サイズに縮小されており、しかも1つのキーに無理やりレイアウトされている。

本来カーソルキーは上下左右同じ大きさでなければ成立しないものだ。
このデザインの時点で破たんしている。

10キーについてはそれほど大きな不満はない。

唯一、このカーソルキーだけが問題であり、当方にとっては致命的ともいえる欠陥となっている。

ある程度のキーレイアウトの差異は慣れでカバーできるが、ここまで酷いと慣れで済む問題でもない。


hpの高性能PCは基本的に通販がメインで、実物を確認する方法がほとんどない。
ビックカメラなど一部の大型店舗で展示コーナーを設けてはいるが、17インチモデルを常設しているところも少なく、わざわざ見に行く機会もなかった。

そんなこともあってか、hpでは購入後8日以内であれば返品できる制度がある。

現在この制度を使うかどうかを悩みながら、ENVY 17-j100でこのエントリーを書いている。

この際性能には目をつぶってもいいから、キー配列だけでもちゃんとしたノートPCがあれば、そちらに買い替えることを真剣に考えたい。

返品の期限は今週土曜日まで。
その他の機能面はそこそこコストパフォーマンスが良いので悩みどころではあるが、撤退戦に臨むべきか、踏みとどまって戦うか。


戦いはいかに被害を少なくするかが勝負の分かれ目だったりするが、深い痛手を負う前にさっさと動いてしまったほうがいいのかもしれない。

交換用に調達したSSDやOfficeのソフト、メモリなんかも含めるとけっこうな支出なので、慎重かつ大胆に考えなければならない。

10万以上の買い物でここまで失敗したと思うのは本当に久しぶりだ。
少し動揺している。

というわけでこの話長くなりそうなので続く。


以下備忘メモ。



返品

お客様は本製品の納入日より8日以内に限り、第2条第1項のご利用ガイドに定める返品連絡先に申し出ることにより、本製品を返品することができます。日本HPは上記期間内に返品の申し出を受け、本製品がお客様から返品されたことを確認でき次第、日本HP所定の手続きに従い購入代金の返金等の手続きを行います。また、返品・返金等の手続きにかかる費用は全てお客様の負担となります。尚、返金等の手続きには一定の日数を要する場合があります。

以下の場合については返品できません。

  • (1)本製品納入後9日以上経過している場合
  • (2)ソフトウェアが開梱・開封済の場合
  • (3)お客様の責任により本製品に傷や破損が生じている場合
  • (4)サービス契約においてサービスが既に提供済みの場合
  • (6)消耗品(印刷用紙、インクカートリッジ等)の場合
  • (6)本製品の構成要素の一部を他と切り離して返品する場合
  • (7)お客様が法人の場合
  • (8)個人事業者であるお客様が、営業のため若しくは営業として本契約を締結する場合

返品をご希望される場合は、HP Directplusコールセンターまでお電話にてご連絡ください。 

HP Directplusコールセンター:0120-111-238(携帯電話・PHSから03-5749-8276)



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック