フレンチブルーラリー2013開催

ph_rally.jpg

ついにフレンチブルーにラリーが登場!ビギナーやファミリーからラリー経験者まで楽しめる1Day Rallyが開催されます。

10月19日(土)、20日(日)に長野県車山高原で開催されるフレンチブルーミーティングですが、今年は新たな趣向として『フレンチブルーラリー2013』が開催されることになりました。

どちらかというと集まってクルマを見せ合ったりしゃべったりという交流が目的で、走行に関してはジムカーナや2CVのクランク掛け競争といった小規模な見せ物が多かったフレンチブルーミーティングですが、せっかく手を加えたクルマの活躍する場を設けたところはけっこういい取り組みじゃないでしょうか。

運営はモータースポーツイベントの企画会社であるNASCが行う形となり、きちんとしたレギュレーションに則ったイベントになる模様です。

とはいえ、初心者やファミリーでも楽しめることを謳っていることから、ダートロードを走るような本格的なものではなく、一般道および舗装路を使ったチェックポイントを巡る形式になるのではないかと思われます。
予定コース
車山→霧ヶ峰→茅野市→清里サンメドウズスキー場→松原湖→麦草峠→蓼科→霧ヶ峰→車山
19日(土)にラリーを開催、20日(日)に表彰式というスケジュールになっているのも上手いと思いました。
例年であれば、現地宿泊組は土日の2日間を楽しむことができますが、基本的に遠方から参戦する場合は日曜日の本イベントだけ顔を出せば十分ということもありました。
逆に言うと、2日間の日程のうち土曜日の一般客参加の余地があまり無かったということでもあります。

今回のようなラリーイベントがあれば、現地宿泊組でなくても参加、見物するモチベーションに繋がります。

遠方から来る人でも宿泊に関しては車山高原の施設の予約が取れなくても、岡谷や諏訪湖周辺の宿泊施設はたくさんあるので、そこに泊まればいい話です。

ここ数年のフレンチブルーミーティングは内容が少々マンネリ化してきたと感じていただけに、ラリー開催によるイベントを2日間楽しめるような趣向を用意したことはとてもいいことだと思うわけです。

参加費が1台25000円(現地宿泊組は20000円)と、初心者にはちょっと敷居の高い価格設定になっていますが、イベント運営の人件費や安全対策などを考えれば、決して高い設定ではないと思われます。
(正式なイベント内容が発表にならないと断言はできませんが)

そんなわけで、今年のフレンチブルーミーティングは一泊して土日両日を楽しむスケジュールを組んでみてもいいんじゃないですかね。

でもなぁ、今年はおいら行けそうにないんだよなぁ…
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック