ドライブについて思うこと

クルマ買ってからまだ1500kmしか走ってないので、ドライブも兼ねて長野の乗鞍高原に行ってきた。
一般道を甲州街道から松本、塩尻を通って乗鞍スカイラインへ…
と思ったら、 -夏場の時期- *今年度* からは一般車通行止めだって…
(ご指摘ありがとうございました)
近くの三本滝でマターリとして、温泉入って帰還した。
やっぱ、一人旅は面白くない(笑)

ドライブが好きっていうのには、2つのタイプがあると思うんだな。

 1:目的地に辿り着いて楽しく遊ぶこと
 2:走っている行程を楽しみつつ、景色などを堪能する

1:はどちらかというと「旅行好き」っていう分類、2:はどちらかと言うと「車好き」って言うことになるんだと思う。

どちらが良い悪いってことではないんだけど、自分としては、2:の方が強いと思う。
だから、高速道路よりは、一般道を走りながら移り変わる景色を眺めながら移動する方が好きだったりする。

6年前 、初めてアメリカ西部をレンタカーを借りて2ヶ月ぐらい旅行した時、あまりに壮大な自然や、何気なく立ち寄った町で触れ合う人の暖かさみたいなものを感じて、日本に比べて素晴らしいところだな、アメリカは。なんて思って帰ってきた。

ところが、帰ってきてから国内をいろいろドライブしてみると、日本にも素晴らしい景色や人々の温かみがあることに気が付いた。
今まで、高速道路を使って目的地に一直線、っていうドライブばかりだったから、その事に気が付かなかったのかもしれない。

だから、誰かとドライブに行くときは、その行程と目的地での楽しみを両立させるようにしたいな。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック