迷惑にならないようにやりましょう

24htv2011_tokumitsu.jpg

そんなわけで、今日は24時間テレビをやっていたらしい。
興味が無いのでスルーしていたが、意外なところで番組をやっていることに気づかされた。

今年は徳光さんが走ったらしいのだが、マラソンのコースとして使用される国道246号線は、基本的に2車線、都内に入ると3車線道路になるわけだが、用事で渋谷方面へ向かっていると、いつもだったらこんな時間に渋滞になるはずも無いのに、妙にクルマの流れが悪い。

多摩川を渡って瀬田の高架をくぐるあたりからほとんど動かなくなってしまったのでイライラしながら少しずつ進んでいたところ、駒沢付近で付近が妙な様子になってきた。
そう、日テレの中継者とそのサポートカーだ。
全部で5台ぐらいだったろうか。

歩道を走る徳光さんにピッタリ並走する形で撮影をしているようで、それが原因で3車線全部がノロノロ状態を余儀なくされ、沿道からはみ出した見物客がウロウロとしていて危なっかしい。

中継者の一群は隊列としては50mぐらいのものでしかないのだが、その前後の交通整理や警備が手薄な感があり、それが渋滞を招いていたという感じだ。

結局この一群を抜けると道は極端に空いたので、3km近くにわたる渋滞の原因はこの中継にあったことは間違いない。


またこの前には梶ヶ谷交差点付近で合流箇所をふさぐようにハザードを出して停止していたらしい。

24htv2011_teisha.jpg

2ちゃんにスレが立って叩かれていたようだが、ここは国道246への合流地点で、交通量が多い中を加速しながら合流する必要のある場所で、こんな止め方をされたら後続車の事故のリスクが極めて高くなる、ぜったいにやってはいけない行為だ。

どうやら徳光さんが休憩のために一時停車ということらしいが、だったら中継車を先行させるなりして合流地点を空けるようにするのが常識ってもんだ。

これだけ偽善的な番組に対する風当たりが強くなってる状況で、自分たちの中継ばかりに目が行ってこうした回りに対する配慮に欠けた行為をしてしまうということは、その程度のモラル感ということだ。

この手の番組に対する興味を一切失っているので、番組やそのスローガンの意図などどうでもいいが、番組のために一般道の渋滞の原因になることが許されるという道理はないだろう。

やるんだったら好きにやればいいが、迷惑にならない場所で勝手にやってください。

でも、今年ぐらいは東北を走るとかすりゃいいじゃねーの?とか思ったんだけど、そういう展開ではなかったらしいね。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック