・・・情報が、ない。

NoInformationC4.jpg 
 

私、なにか幻を見てるんでしょうか?
それとも、妄想が過ぎて、現実と虚構が区別付かなくなってるんでしょうか?

いえ、ね。
確か、新型シトロエンC4って、発表になりましたよね?
こうしてプレスリリースも出てますよね?
リリースの中に関連リンクとしてシトロエン ホームページが紹介されてるんですよ。
つまり、ここに情報を見に来いってことですよね?

で、行ってみたんですよ。

・・・何も載ってないんですよ。
新型C4についての情報が。


最新NEWSにも、車種ラインナップにも、どこにもないんですよ。
もちろん、特設ページすらもないんですよ。

ここでポルナレフのAA(略)

いや、「あんまし宣伝してもらえない不遇なクルマになりそうな予感」などと書いてはみたものの、まさか公式ページに商品情報を載せることすら手を抜くとは思わなかった。

事実、2日後に発表された508は特設サイトがちゃんとリリース当日にオープンしてたりするからねぇ。

ここで考えられるのは、PCJとしての人員リソースの不足。
とはいえ、シトロエンとプジョーでは担当者はきちんと別れているのでシトロエン担当にアサインされている人材に不足が生じたか、プジョー側の作業に駆り出されでもしたのかもしれない。
もしくは予定していたよりリリースのタイミングを早めたために、サイト制作が追いつかなかった、なんて可能性もあるか。

しかし、プレスリリースというのはもっとも商品の注目を集めるタイミングであり、そのタイミングにすべての興味が集中する。

つまり、これはいちばんコストを掛けずに宣伝する好機でもあるわけだ。
なにせ、新商品ということでいろんなニュースソースが記事にしてくれるし、その記事を読んでおいらたちみたいなのがBLOGに書いたり、掲示板であれこれ騒いだりするのだから、金出して広告を打たなくても勝手に消費者が興味を持ってくれるわけで、宣伝効果としてはもっともコストパフォーマンスが良いタイミングと言うことができる。

大抵の消費者はニュースの内容で満足してしまうものだが、実際に商品の詳細情報を知りたいと望む消費者はそれなりの割合で存在する。

そんな彼らに、プレスリリースやニュース記事では伝えきれない商品の魅力をアピールするのが公式ページの役割であるため、“商品を売る”という戦略上、もっとも重要な施策はしっかりした公式ページを用意しておくこと、だったりするわけだ。

しかし、プレスリリース⇒ニュース記事⇒公式サイト⇒潜在顧客の獲得という一連の導線の中で、肝心の部分がブチっと切れてしまっているということになるわけだ。

って、こんなこといちいち説明するほどの話じゃないよな。

ニュースには鮮度というものがあり、特にネット上でのニュースの鮮度は長くて1週間程度だ。

特に話題性の少ない商品では、その期間がぐっと短くなる。

新型C4は取り立てて話題性が多くない状況ゆえに、リリースが出てすぐに公式サイトで商品情報を提供していないと、せっかくの初期段階の潜在顧客をみすみす取り逃がして、以降顧客集めに苦労するような気がするけどねぇ・・・

まぁPCJとしては、「じっくり売っていけばいい」とか「発売は7月1日なんだから、そこから宣伝すりゃいい」って思ってるのかもしれないが、年にそれほどこうした機会があるわけでもないんだから、打てる手は打っておくべきだったんじゃないかなぁと思う次第だ。
なにより、せっかくの仕込を最大限まで活かさないなんて、もったいないじゃないか、という気がするわけだ。

で、おいら的な結論として「やはりC4はあまり売る気がないんじゃないか?」という思いを強くせざるを得ないわけだ。

公式サイトでの情報開示が1、2日遅れるっていうのは割とよくある話だが、1週間経とうとしてるのに音沙汰なしっていうのは初めて見た気がする。

いやぁ、ある意味今後の展開に注目したくなってきた。
・・・ひょっとして、それが狙いか?

この記事へのコメント

  • pon106

    はじめまして。ちょくちょく拝見しております。
    C4ですが、6月24日からスペシャルサイトがオープンすると「スタッフブログ」に書いてました。
    プジョーシトロエンはこの大変素朴で(洗練されていない)家内制手工業な触感がいいと思うしかないんじゃないでしょうか、、ね。学生の手作り感覚というか。

    2011年06月14日 07:27
  • 海鮮丼太郎

    いやぁ、その“coming soon”のインフォメーションすら出せないのが問題なんですよ。

    手作り感覚っていうのは同意なんですけどね。

    今年は2回しかない新車発表の対応としてどうなんだろう?しかも、DSシリーズだったらこんなことしないでしょ、って話でありまして。

    2011年06月14日 10:03

この記事へのトラックバック