NAGAREがない。

LAFESTA_highwaystar.jpg

ってことで、既報のとおりマツダから日産にOEM供給されることが決まっていたプレマシーの日産版がお披露目。

その名もラフェスタ ハイウェイスター。

ってことで、まずは本家プレマシーと見比べてみよう。

Premacy.jpg

上記のエントリーでも予測したとおり、プレマシー最大の特徴であったサイドのNAGAREラインについては、日産にOEMされるラフェスタ ハイウェイスターには採用されていない。

NAGAREはマツダのデザインアイデンティティであったわけだから、それをOEMとは日産車として出すわけにはいかんだろう、という判断が下されたわけだ。
フロントマスクも大きく変更されており、全体的におとなしい印象を受けるものの、日産車としてのイメージはそれなりに演出できていると思う。
っていうか、素直にカッコイイって思えるデザインではないかと。


さて、こうなると消費者はマツダのプレマシーと日産のラフェスタ ハイウェイスターのどちらを選ぶだろうか?という少々意地の悪い興味を持ったりするものだ。

NAGAREラインについての巷の評判はあまり芳しいものではなく、正直言っておいらも個人的には無い方がいいんじゃないか?という気もしている。

その部分がラフェスタ ハイウェイスターでは改善されているわけだから、実はこちらの方に支持が集まるかもしれない、なんて気もするわけですな。
しかも日産ディーラーで買うことに安心感を覚える消費者もいるかもしれないと考えると、ひょっとするとコイツは日産車の中でもそこそこの稼ぎ頭になるかもしれない、とかちょっと思ってみたりして。
 
マツダディーラーもうかうかしてられませんなw
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック