Shakeの価格よりMotion2の単体売りがなくなったのが気になる

 
Appleが自前で用意しているプロ用映像制作ソリューションである、Final Cut Proと連動するShakeがVer4.1の発売を機に価格を5分の1まで下げてしまったとか。

アップル、映像エフェクトソフト「Shake」の価格を5分の1に引き下げ

そりゃまぁ、今までが高すぎって気もしないでもなかったんだけど、これで一通りの映像制作環境を20万円で抑えられるようになったのは画期的なことか。
Intel Mac一式揃えればそれなりの金額になってしまうのは相変わらずだけど。

で、何気に他の情報を見ていたら、約3万円ちょっとで購入できたMotion2がいつの間にか単体販売終了して、FinalCutStudioへの同梱販売のみになってしまったとか!
Motion 2は、デジタルプロダクションのためのアップルの統合ソフトウェアFinal Cut Studioへ同梱されての販売のみとなります。

モーショングラフィックの入門のために、さすがにFinal Cut Studio(128000円)は買えないので、早めにMotion2だけ買っといて良かった…

それにしても、Appleのソフトウェア群は安いのと高いのと両極端で、中間の価格帯の製品が少ないよなぁ…
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック