ひさびさの307リコール

ひさびさに出ましたね、プジョーさんから307/308系のリコールですよ。

リコールの届出について(プジョー 307 フェリーヌ 他)
ボディ電装品制御ユニットの前照灯スイッチの位置を識別するプログラムが不適切なため、前照灯スイッチの操作位置を正しく認識できないことがある。そのため、前照灯スイッチがOFFの時に前照灯が点灯する、又は前照灯スイッチがONの時に前照灯が消灯するおそれがある


後期型の307から一部の308に採用されているプログラムに問題あり、ということのようで、不具合による事故は発生していないものの自主的にリコール、ということになるようだ。

トヨタのリコール騒動もあって、こうしたメーカーの対応如何によっては袋叩きに遭う可能性もあるだけに、どんな小さな危険であってもリコールするという姿勢は評価すべきじゃないかと思う。

ただ気になるのが、この程度のことでリコールになるのに、エキマニからの異音の問題や、ATや排ガスの誤警報の問題はリコールにはならないんだろうか?

事例も相当出ているはずなのだが…

リコールにはなってないけど不具合情報として寄せられたやつはここから検索可能。
メーカー名をプジョーと選んで、通称のところに“307”を入れると、どのような事例の報告があるか見れる。

幸いなことに、おいらの307swでは、誤警告は出ていないのだが、気になるのは気になるのよね。
 


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック