308のマイナーチェンジに不安要素が…

308
308facelift.jpg
▲クリックで拡大

ってことで、207のマイナーチェンジが行われたということは、308もマイナーチェンジがあるわけです。
で、その際にどんな変更が行われるのかというのは興味津々ではあるのですが、どうもあまり好ましい方向に向かわない予感が・・・

Lion’s fresh-faced 308 gets a grilling

写真見てどう思う?
おいらはあんましイケてないと思います・・・

ホンダのCR-Vと同じようなツイングリルという造型であり、なんかクドい感じがするのよね。

cr-v_twingrille.jpg

もともと207&308&407シリーズは、ツリ目に大口を開けたライオンの顔をモチーフにしたデザインであり、それをアイデンティティとしていた部分が大きかったわけだ。

207のフェイスリフトは小規模の変更に留まったが、もし308がこのまま出てくるとなると、今までのアイデンティティを全否定することになるんジャマイカ?
ここまで極端に顔つきを変えるとなると、日本では丸目が大不評だった旧インプレサッサのフェイスリフトに匹敵する話になりそうだ。
しかも、カッコ悪くなってどうする。

まぁ、イラストレベルのスクープ雑誌の情報をどこまで信用すればいいか、って話ではあるが時期的には来年3月のジュネーブショーで発表、すぐに販売を開始ってスケジュールらしいので、日本への6AT投入についてもタイムラグが少ないと考えれば、ほぼ合致する話ではある。
つまり、6ATとフェイスリフトはセットで考えなければならないのか。
うーん・・・

このイラストが何かの間違いであることを祈りたい、っていうのが正直な感想。
 

[2011.2.8補足]
そんなわけでこの話題から1年遅れで正式なフェイスリフトを伴うマイナーチェンジが発表されたわけでして。
 
とりあえず上記の件は無かったことになってて良かった良かった。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック