ケータイひとつで散歩に行こう

google_map.jpg

今日は体育の日、だそうである。
知らなかった。

ってことで、昨日のツーリングで身体中が筋肉痛ではあるのだが、先日来の高血圧が気になっているので運動も兼ねて散歩にでかけよう、とか思った。
で、目的地は決めないでただブラブラと歩いたらどこに行くのか試してみようということになった。

散歩は身軽が一番なので、とりあえずケータイだけ持って出かけることにした。

さすがに今の場所に居を構えてから5年を経過しており、クルマや自転車で近隣をある程度散策していることもあったため、未知の場所というのはあまりなかったりするのだが、心理的に避けていた目の前の山の向こう側に行ってみることにした。

自宅のある宮崎台から有馬方面はけっこうな勾配の斜面になっており、駅の反対方向ということもあって特に訪れる理由もないためおいらの頭の中の地図もぽっかり空白になっていたのだが、歩いてみるとなかなか歴史のある住宅街であることがわかった。

歴史があるということは、それなりに古いということであり、道が細くて曲がりくねっており、今どこを向いているのかよくわからなくなる。そんな感じ。

行き先を決めてないとはいえ、方角ぐらいは確認したい。
こんな時に役に立つのがケータイ版GoogleMap。
ちょっと歩けばその動線上が進んでいる方角になるので、迷うこともない。

どうやらおいらは山を越えて港北ニュータウンの方に向かって歩いているらしい。
これはおもしろい。
おいらのケータイ(F906i)には万歩計の機能も付いているので、港北ニュータウンまでどれぐらいの距離があるのか歩いてみればわかる。
ってことで、なんとなくフラフラと歩き続けることにした。

最近地下鉄が開通した北山田駅を通り過ぎ、やたらと広い森林公園を何箇所か経由して、家を出てから2時間ぐらいでセンター北駅に到着した。
距離にして7.6km。
最適化したルートならもう少し近かったんだろうが、思いつくままに歩いてこの距離ならけっこう近いということになる。

到着したらそれで満足なので、帰りはまた違う道を選んで戻ることにした。
手元のGoogleMapでいつでも現在地が確認できるとなると、無用の心配がいらないので、それこそ思いついたルートを選ぶことができる。

結局センター北から鷺沼の方へ抜けて、そこからまた住宅街を抜けて家まで帰ってきた。
野生のカンを頼りに歩いたが、特に問題なく帰宅できたので、帰り道ではGoogleMapは使わなかった。

トータル歩数は17547歩。距離にして13.16km。おや、帰りのほうが近かった。

ってことで、ケータイひとつあれば散歩には困らないという話でした。
これにGPSロガーの機能が付いて移動した軌跡を残せればほぼ完璧なんだけどな。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック