MINIも25万円独自サポートプランで追随

 
フィアットが打ち出した独自の25万円助成制度に関して、やはりというか次に動いたのはBMW MINIだった。
先日値上げをしたばかりだが、さすがに今回の助成金の流れを無視することは出来なかったと見えて、サポートプログラムもフィアットのそれにほぼ準じた内容になっている。

BMWJ、「MINI(ミニ)」新車の購入サポート・プログラムを開始

13年以上経過した車種からの乗り換えで25万、それ以外の新規購入では10万円がサポートされることになる。
期間は5月1日受注分から適用で、John Cooper Worksと先日発表された Convertibleは対象外。
どちらも趣味性の高い車種なので、これは助成をしなくても売れるだろうという判断のようで。
ちょいとやることがセコいような気がしないでもないが、フィアットもアバルトは対象外ということだからまぁそんなもんか。

これで輸入車も選択肢が広がってきたね。
いいことだ。
  
 


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック