ゴルフがモデルチェンジをしたわけですが

GolfVI.jpg

VWゴルフがフルモデルチェンジしたわけですが、まずは2ラインナップで登場。

TSIコンフォートラインが275万円。TSIハイラインは312万円。

プジョーさんで言うところの、308PremiumとCieloの関係みたいなもんですな。
で、後にトレンドラインが出てきて250万ぐらいの価格帯を埋め、GTIやR32なんかでハイエンドも埋める、と。
相変わらず見事な価格戦略です。

今回のゴルフに関しては、先代のコストを掛けすぎた失敗(過剰品質のため利益率が下がり、株主からお目玉を食らった)の反省を活かして、十分利益が取れる造りになっている。
ということは、買う側からすればコストダウンされたということになってお買い得度は下がってしまったような気がしないでもないが、腐ってもゴルフ。これはこれでいいんじゃないでしょうか。

16.8km/Lという燃費がすばらしいというのは日本車と比較するとどうかと思いますので、ここはアピールどころではない気がしますが、後に控えている(かもしれない)BLUE MOTIONでびっくりさせてくれることを期待します。

個人的には、このプラットフォームを使った次期トゥーランかワゴンが気になるところです。
 
さて、競合メーカーはどうするんでしょうかね?
 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック