レインボーブリッジを歩こう

PICT0936ss.jpg

ビッグサイトに行くにはレインボーブリッジを渡らねばならない。方法は3つある。
クルマ(バイクやタクシー、バス含む)で行くか、ゆりかもめで行くか、歩いていくか。
ってことで、念願だったレインボーブリッジの遊歩道散策をしてみることにした。

レインボーブリッジの遊歩道は、お台場側と芝浦側の2箇所からアプローチできる。今回は芝浦側から歩いてみる事にした。
ゆりかもめ芝浦埠頭の駅から歩いて数分のところに入口があり、そこから北側・南側を選んで上がる事ができる。

PICT0909ss.jpg

遊歩道はブリッジの両端に設定されており、それぞれ都心方面(ノースルート)、お台場方面(サウスルート)を眺めながら歩く事ができる。
どっちに行ってもいいんだが、とりあえず都心を眺められる北側のルートを選んでみた。

エレベーターで地上から一気にブリッジの高さまで上がる。
レインボーブリッジは、上段が首都高速道路、下段が一般道&ゆりかもめという2段構成になっているが、遊歩道も下段を歩くことになるため、意外なことにこの炎天下でも日陰を歩く事ができたので意外と快適だった(横をクルマがぶんぶん通るので排気ガスと砂埃はヒドいのだが)

PICT0923ss.jpg

橋の勾配に沿って歩くだけなので、ウォーキングというよりは散歩のつもりでブラブラと歩く事ができる。
距離にすると片道1.7kmぐらいだが、芝浦側から歩いて1kmちょっとのところで、サウスルートとノースルートを横断できる階段が用意されているので、ここを折り返せばあまり歩き慣れてない人でもノース、サウスとも堪能することが可能だ。

レインボーブリッジはクルマやバイクで何度も通っているが、運転しながらゆっくり景色を眺めることはできなかった。その点、遊歩道の醍醐味はゆっくり景色を堪能することが出来ることにある。
双眼鏡でも持って東京のビル群やお台場の賑わいを眺めるのもいいだろう。

今回は昼間に歩いてみたが、やはりここは夜景の名所でもあるわけだから、時間が出来たら再チャレンジしてみようと思う。

遊歩道の営業時間はこの時期であれば9:00~21:00までやっているので、仕事帰りにちょっと散歩っていうのもいいだろう。

オススメのコースとしては、

【夜景堪能コース】
 19時ぐらいに芝浦埠頭駅から芝浦側をスタート
    ↓
 1kmちょっと歩いて折り返し点を戻ってくる。所要時間 50分


【お台場で遊んで帰るコース】
 19時ぐらいに芝浦埠頭駅から芝浦側をスタート
    ↓
 ノースからスタートして、横断階段からサウスへ
    ↓
 そのままお台場海浜公園へ降りられる
    ↓
 あとは適当に遊んでゆりかもめで帰ってくる


こんな感じだろうか。
別に夜じゃなくても昼間でもいいんだけどね。ちなみに料金は無料だから。
安いレジャーとしてはいろいろと得るものが多くておもしろいぞ。

今回の遊歩道はこのサイトから情報を得たが、他にも楽しいところいっぱいありそうだ。

なんか最近、散歩がおもしろい。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック