つばさ公園で飛行機を見よう

PICT0948ss.jpg

昨日の話のつづき。


ご存知だろうか?お台場エリアから羽田空港へ抜けることができるのを。


大きな地図で見る

一般的にお台場へはレインボーブリッジからのアプローチが有名だが、フジテレビの前の道を反対方向に走ってテレコムセンター横を通り過ぎると、第2航路海底トンネル、臨海トンネルと経由して羽田方面へと抜けることができる。
ここはもともと、京浜工業地帯の交通がメインとなっており、大型トラックやらダンプがひっきりなしに通るのだが、休日や夜の時間帯は驚くほど空いている。

毎年この時期になると、おいらは決まってある場所を訪れる。
羽田空港に次々と降り立つジェット機をのんびり眺める事ができる、京浜島つばさ公園を。
なぜって、お盆の時期はヒマだから…

京浜島つばさ公園(場所はココ)は、地図からもわかるとおり、京浜工業地帯の一角にあり、すぐそばに羽田空港の着陸用滑走路があるため、特にお盆の大混雑期には5分に1機ぐらいの頻度で次々と飛行機が着陸してくる。
昨年はピカチュウジャンボを目撃したが、今年もいろんな彩の飛行機を堤防に腰掛けてマターリと眺めていた。

PICT0959ss.jpg

飛行機を見てるとなんだかワクワクしてくる。
それは、旅立つ人、思い出を抱えて帰ってくる人のドラマを思い浮かべる事ができるから。

つばさ公園はそれほど広い公園ではないが、シートを敷いて寝転がったり、なぜかBBQをやっていたり、超望遠レンズでお気に入りの飛行機をカメラに収めたりしている連中がいる。
知ってないと来れない場所なので、人手もそれほど多くないから、ゆっくりと時間を過ごしたい人にはおすすめスポットだったりする。

いつも昼間に来るのだが、空港の真骨頂は夜景の美しさだ。
夜は夜で、いい景色なんだろうなぁ…

お台場で遊んだ帰り道に、ちょっと空港の夜景でも見に来るというルートも悪くないだろう。
 
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック