クリーンディーゼルのエクストレイルが1077台?

 
クリーンディーゼル車、エクストレイル「20GT」の受注状況について

日産が鳴り物入りで投入した、ポスト新長期規制対応ディーゼルエンジン搭載の新型エクストレイルの受注状況が公表された。
9月18日の発表から10月5日現在の受注数は1077台とのことで、月販目標の10倍とリリースでは謳われている。

個人的な印象としては、思ったほど多くないなぁ、というものだった。
日産でも、今回の受注数には満足いってないんじゃないだろうか?

うちの兄貴がディーゼルのテラノに長いこと乗っていたが、代わりになるクルマが無いと嘆いていた。
完璧とまでは言わないまでも、そこそこのクロスカントリー用途に耐え、ディーゼルであるディーゼルエクストレイルは、テラノやパジェロオーナーが乗り換えるのに十分な魅力があると思うのだが、実際はそれほど需要が盛り上がっているわけではない。

ポスト新長期規制に対応したクルマを各メーカーがリスクを承知で準備してはいるものの、先陣を切ったエクストレイルに勢いが見られないとなると、販売に躊躇してしまう可能性も否定できない。

あえてディーゼルを選ぼうなんて奴はどうせ変人なんだから、変人は変人らしく人柱になるつもりでドーンとエクストレイルを買いやがれ。

まぁ、実際はまだ様子を見ているだけで、そのうち売れてくるのかもしれないけどね。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック