神保町の朝は早い。

   神保町の朝は早い。 ビルの隙間から登る朝日を見つめながら、何で俺はこんな時間にこんなところにいるんだろう?などとボーっとした頭で考える。 とりあえず、濡れタオルで頭や身体をゴシゴシやれば、シャワーを浴びなくてもそれなりに快適になるもんだ。 近所のコンビニに代えのTシャツなどを調達に行く。 朝も早くから立ち食いそばの店が開いているので、久々にたぬきそばなどを食す。 うむ、…

続きを読む