BLOG RANKINGに参加しております。
訪問記念に押してってくらさい。⇒⇒⇒
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年04月01日

自粛ムード漂う輸入車ブランドのエイプリルフール

[14:25 UPDATED]

さて、新年度です。

ついでにエイプリルフールです。

ってことで、輸入車ブランドのエイプリルフールネタはどうなんでしょう?
ってことでうぉちしてみましたよ。

ちなみに昨年度の状況はこうでした。

主要輸入車ブランドのエイプリルフールネタ

VW、Audi、BMW、BMW MINI、VOLVOがいろいろと仕込んでくれて、それなりに盛り上がりましたね。


で、2016年の状況はというと…



Mercedes-Benz ×
VW ×
BMW ×
Volvo ×
Jeep ×
Porsche
Fiat ×
Peugeot ×
Renault ×
Ford ×
Land Rover ×
Alfa Romeo ×
Citroen ×
ABARTH ×
Maserati ×
Jaguar ×
smart ×
DS ×


上位20ブランドで見てみましたが、アウディだけとアウディとBMW MINIだけという惨憺たる状況です。

VWは不祥事の清算がまだ終わっていない状況で自粛であることは容易に想像ができます。
っていうか、昨年に大はしゃぎし過ぎた分、そのギャップが激しいですね。

それ以外のブランド、この手の話題では率先してはしゃぐ傾向のあったBMW MINIですら今年は沈黙です。


MINI_20160401.jpg

ボルボも昨年は歩きスマホ用エアバッグといった凝ったネタで笑いを誘ってくれたものの、今年は沈黙を守っています。


もともと高級ブランドはこの手のネタに乗るのはブランドイメージからすると逆効果ですので理解できますが、VWから輸入車No1の座を奪い取ったメルセデスでさえも沈黙しているのは、輸入車業界全体がはしゃぐことを憚られるような、妙な自粛ムードめいたものを感じます。

そのムードの元凶は言うまでもなくVWの不祥事であります。

同じ不祥事を起こしたVWグループのAudiだけがエイプリルフールに乗っかってきたのは意外でしたが、こっそりネタを仕込んでおいて、自然に話題になるのを待っていればよかったものの、

「ソーシャルメディアで話題にしてください!!」

という前のめりな姿勢がむしろドン引きであります。

プロモーション効果を最大限に高めるためにソーシャルメディアで話題にしてもらうというのは、効果測定として非常にわかりやすいものであるため、そうしたアピールをしたい気持ちはわからなくはないのですが、なんていうか、余裕が感じられないんですよ。

ユーモアっていうのは、そういうことではないでしょう、と。

ブランドイメージを大切にしてきたAudiなのですから、変にがっついた姿勢というのは見ている方にネガティブなイメージとして映りますよ。

やっぱり、なんつーか全体的に余裕が無いんだよなぁ…

基本的に、活発な市場というのは企業がさまざまなチャレンジをして賑わうことが重要です。

リーマンショック以降の輸入車市場は右肩上がりで成長を続けてきただけに、昨年まではどのメーカーも市場を盛り上げようという姿勢が見られました。

エイプリルフールの仕込みもその取り組みの一環なわけです。

翻って今年の状況を見ると、各社の取り組みが明らかに昨年より冷え込んでおり、市場の様子を見ている感じに見受けられます。

その一因としてフォード撤退の衝撃もあったことでしょう。

今のところ今年の輸入車市場は前年比98.5%で推移していて、極端な落ち込みを見せているわけではありませんが、成長という意味では相変わらず年間30万台の壁を突破できていません。

輸入車の魅力を伝えるべき自動車ジャーナリストの組織であるAJAJも内紛によって混乱しています。

果たして輸入車メーカーはこの日本の市場状況をどう見て、どう取り組んでいくつもりなのでしょうか?

2016年はそういう根本的な部分に注目すべき年になるのかもしれません。

そんなことを各社のエイプリルフールの取り組みから感じたのでありましたとさ。


一方国内メーカーでは日産、日清、NISSENという3社のベタなプロモーションが話題になっています。

NISSANNISSINNISSEN_20160401.jpg


これも一つの戦略ということで言いたいことはいろいろありますが、嫌いじゃないです。

願わくば、クルマより話題作りに力を入れる日産の姿勢そのものを何とかして欲しいと思わんでもないですが。



posted by 海鮮丼太郎 at 09:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

主要輸入車ブランドのエイプリルフールネタ

opening.jpg 

主要な輸入車ブランドについてエイプリルフールネタの実施状況を調べてみましたが、意外と少なくて以下の5ブランド+αという形となりました。

エイプリルフールにネタを仕込むのは、大衆ブランドが顧客に親近感を与えるために行うケースが多いため、メルセデスなどのプレミアムブランドや、マセラティ、フェラーリといった高級ブランドは乗ってこないのが普通です。

BMWは結果としてエイプリルフールネタではなかったのですが、事実がフィクションを超えたとでもいいましょうか、半分冗談のような話題を振ってきましたが、これはあえて狙ってやっていると思われます。

唯一アウディだけがはしゃいでいる感じに見受けられますが、これは中の人がそういうことが好きなタイプなんだと思われます。
「プレミアムブランドでも無邪気な心は忘れない」、みたいな演出効果を狙っているんでしょうね。


意外なことに、この手のバカ騒ぎに乗ってきそうなフィアットグループやルノーは沈黙しております。

BMW MINIが仕掛けている以上、フィアットはこういうところでカウンターとしての存在感を発揮してもらいたいものですが、この沈黙が何を意味するのかちょっと興味があります。

ルノーについても2014年度の販売が非常に好調だったことから、新たな年も攻める意味でネタを振ってくると思っておりましたが、肩透かしを食いましたw


では、各社渾身のネタを供養の意味も込めてご紹介していきましょうか。





■BMW
さて、まず最初はBMWですが…

Amazon_de_BMWi3_shot.jpg

いよいよAmazon.co.jpでBMW i3を発売。


BMWはエイプリルフールにこんなネタを持ってくるとは。1-Click注文ボタンを用意しといてくれたらカンペキだったのに。

って、これネタじゃなくてマヂなのよね。
プレスリリースにはエイプリルフールだよ、といった記述はありませぬ。



■BMW MINI
続いて同じグループのBMW MINIからは、ちゃんとしたエイプリルフールネタです。

F55_15d_TOKYO.JPG

世界初、ピクセル・ボディのMINIが誕生。


ピクセル・ボディといってもこれだけだと意味がわからない人も多いかもしれませんね。

いわゆる8ビット時代のドット絵を立体化したMINIということなのですが、実際にこれをネタとした映画『ピクセル』が9月に公開されることに引っかけようとしたために、一般的なウケを取りにくいネタとなってしまいました。

この辺、担当者は反省の必要があるでしょう。



■フォルクスワーゲン

MINIに対してこちらはド直球のネタを出してきました。

vw_bath_shot.jpg

フォルクスワーゲン・バス

極めてエイプリルフール的な正統派の冗談と言えるでしょう。
爆笑するというよりは、「ほほぉ…」という感じでつい唸ってしまいます。

フォルスクワーゲン正規ディーラーにご来場いただき、スタッフに合言葉「フォルクスワーゲン・いい湯カゲン♪」をお伝えいただいた方、各ディーラーで「フォルクスワーゲン・オリジナル手ぬぐい」をプレゼントいたします。

■場所:全国のフォルクスワーゲン正規ディーラー
■期間:4月11日(土)〜なくなり次第終了
※エイプリルフールではなく、実際にプレゼントします。
なにやってんだよw
ちなみにアウディでは本日限定でしゃもじをプレゼントしてくれるそうです。


■アウディ

続いてアウディです。

ap05.jpg


アウディ、最高級サルーンAudi A8に炊飯器を搭載

ap03.jpgap04.jpg
ap01.jpgap02.jpg

トップページをパっと見ただけでは気が付かなかったのですが、プレミアムブランドの中で唯一バカなことやっているアウディからは炊飯器ネタが。

ここ最近のアウディは、和テイストをネタにするのが中の人のブームらしいです。


■ボルボ
最後は今年のクルマ関係のエイプリルフールネタでクスっと笑わされたのがこちら。


ボルボ、世界初の「歩きスマホ用」エアバッグを開発


まぁ、ボルボらしいといえばらしいですが、一応それらしい動画を作って公開しているところが好印象です。静止画だとネタとしてまったくおもしろみが無いですからね。

個人的にはバカバカしく、しかも自社ブランドのイメージをうまくアピール出来ているという意味で、ボルボが今年の中では一番良かったという評価を与えたいと思います。


【番外】
■プジョー&シトロエン
前回のエントリーで書いたとおり、社長交代という渾身のネタを振ってきましたw

プレミアム化を目指すにしても、大衆ブランドとして存在感を残すにしても、こういう捨て身のギャグではなくフレンチならではのユーモアを見せて頂ける日が来るといいですねw



ってことで、ページが消えちゃうのももったいないので、スクリーンショットとか載せときますかね。


続きを読む
posted by 海鮮丼太郎 at 16:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

ISISというクルマ

イスラム国にどう対応するのか?

直接的、間接的に繋がりのある世界各国の建前と本音の部分が入り混じってもにょもにょした感じになっておりますが、それはそうとて紛争国でも安心のトヨタ車であります。

とはいえ、アルカイダの時もそうでしたが、当該地域にトヨタは直接は輸出していないという事実があったとしても、これだけ国際交易がさかんになればどういったルートからでも調達は可能だというわけです。

そして、こういうタフなところでも支持されているトヨタ車というのは、それだけでも宣伝効果としては抜群なものがあるわけです。
表立って宣伝するわけにはいきませんが、トヨタ社内では内心ほくそ笑んでいる人がいてもおかしくはありません。

それは、自分たちの作ったものがどう使われるかは置いといて、少なくとも信頼されているのだという喜び禁じ得ない、モノづくりをしている者にとっては抑えようのない満足感とも言えるでしょう。

誰がそれを責められましょうか?


それにしても。

トヨタには「アイシス」という名のミニバンが存在しており、スペルが「ISIS」なんですね。

ISIS.jpg

このネーミングはエジプト神話の女神の名前で、広くは「イシス」として知られているものを「アイシス」と呼んで車名にしたという経緯があります。

とっくに廃止になりましたが、同様に「ガイア」という7人乗りのミニバンもありました。
こちらはギリシャ神話の地母神であるガイアから来ているのは明白ですね。

そんなわけで、トヨタとしてはイスラム国(ISIS)とはまったく関連もないところでありますが、とんだとばっちりを受けてしまいました。

クルマのネーミングというのは、それがどのようなキャラクターなのかをイメージさせる重要な要素であり、女神の名称を使った7人乗りのミニバンという、およそ戦争とは関係ないネーミングでありながら、単にスペルが同じというなかなか残念な結果になってしまいました。

当然トヨタに責任はありません。


同様の事例で知られるのは、VWの大型SUVである「トゥアレグ」ですね。

「トゥアレグ」の名称は、アフリカ大陸サハラ砂漠西部で活動する遊牧民の「トゥアレグ族」から取られた名称ですが、砂漠のような厳しい環境でもタフに乗りまわせるイメージを込めていたのでしょう。

実際、トゥアレグはVWのラインナップの中でも富裕層が好む車種としてそれなりに成功しましたし、ガワを変えただけのポルシェ・カイエンなどは芸能人御用達のクルマにまでステータスが高まりました。(これはどうでもいいですねw)

ちなみに、今年の夏に発生した丹沢の水難事故で無理に河を渡ろうとしてひっくり返ったのもトゥアレグであります。

そんなトゥアレグでありますが、命名元となったトゥアレグ族が最近各所でクーデターを起こしたりニジェール、マリ、チャド、モーリタニアなどで紛争を仕掛けるなど、イスラム国まで大規模ではないものの、国際的に非難される事態を引き起こしております。

VWも頭が痛いところですな。


どんな商品もそうですが、こういうリスクもあるのでネーミングを考える際は国際情勢を鑑みつつ、言葉の響きやそれが何かの卑猥な隠語になっていないか?といったことまで考えて付ける必要があるわけで、とても神経の使う作業だと思います。
現場の方も大変ですね。

そういえば、ホンダの初代フィットのネーミングが発表直前まで「フィッタ」で進められていたのが、「フィッタ」というのがスウェーデンにおける女性器の隠語だったために急遽「フィット」に差し替えられた、みたいな話がよく聞かれますね。
(フィットの海外での名称は「Jazz」なのですが)

そんなことを思いつつ、ちょいとツイートしたらえらく拡散してiPhoneの通知がビコビコうるさくてたまりませんでした。



posted by 海鮮丼太郎 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

フィリップ・バラン、退職年金でモメる。

プジョーのバランCEO、自身の現行退職年金プランを放棄

あーあ。

上乗せ年金27億円に批判 8000人解雇の大手自動車会長

WSJで報じられてから数日後の追っかけ記事ではあるが、赤旗でプジョー関連のネタを拾うことになるとは思わなかったw

ってことでフィリップ・バランが受け取る退職年金プランを巡って騒動が起こっている。

まぁ、あれだけ大きなリストラをやらざるを得ない状況を招いておきながら、総額2100万ユーロ(約29億円)の年金はないだろう、という批判が出るのはわからんでもない。

しかもPSA自体は資本増強のために外資とフランス政府から出資を仰いでいる立場であるにも関わらず。

制度上は問題ないとしても、道義上どうなのよ?っていう切り口で不満が出るのは洋の東西を問わないようで。

フィリップ・バランの経営手腕については、外野がうるさかったという点を差し引いても“無能”と言わざるを得ず、最後ぐらい絶つ鳥跡を濁さずで逝って欲しいものだ。


さて、そんなPSAも次期CEOとしてカルロス・ゴーンとケンカしてルノーを追い出されたカルロス・タバレスを起用することを決定済みで、体制を大きく変えようとしている。
カルロス・タバレスは、ルノーにいる限りトップを狙うことはできないとゴーンを批判するビッグマウスっぷりを発揮したが、PSAのトップに就くことができて本人もさぞ満足だろう。

トップが変わったからといって商品がすぐに良くなるわけでもないが、とにかくコスト削減と商品力を高めるという難しいバランスを保ちながらの再起を図って欲しいものだ。
 

posted by 海鮮丼太郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

ちょwGoogleさんwww

 
ラゾーナ川崎というショッピングモールが川崎にあるのだが、オープン当初に訪れた際、雨天だとエスカレーターを降りる際に雨に濡れるというマヌケな構造だったことを思いっきりdisったエントリーを書いた。

ラゾーナ川崎雑感

もう7年も前のエントリーなのだが、最近妙にこのエントリーへのアクセスが増えた。
どこかでピックアップされたんだろうか?

などと不思議に思ってGoogleさんで「ラゾーナ川崎」で検索してみて驚いた。

検索結果の右側に施設の概要が表示されるのだが、その施設写真においらのエントリーの画像が引用されていた。
縮小されて入るが、「特にこの辺がヒドい。」などという文言はしっかり読めるので、興味本位でアクセスしに来る人が多いということなんだろう。

そんなわけで記念スクリーンショット。

lazona_google.jpg
▲クリックで拡大

どういう基準でおいらのBLOGの画像が引っ張られたのかはよくわからないが、施設案内にはあまり相応しい画像とは思えませんですわよ。
まぁ、ラゾーナの施設画像をアップする人もそんなにいないからなのかもしれないけど、よりによってコレは無いでしょwww

ラゾーナ川崎の名誉のために言っておくと、その後しばらくしてエスカレーターを降りたところにもひさしが設けられ、多少は改善されております。

ギャグなんだか営業妨害なんだかわかりませんが、とりあえず記念に記録を残しておきます。
 
 


posted by 海鮮丼太郎 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

無題

 

アメリカ大統領がCIA、FBIとLAPD(ロス市警)を一堂に集め、捜査の腕はどこが一番優れているかを競わせた。
「森にうさぎを1匹放して早くそれを捕まえた者が勝ち」という競争をやらせてみることにしたのだ。

まずはCIA。
森全域にスパイ網を張り巡らし、ありとあらゆる動物と鉱物をしらみ潰しに当たり目撃情報を集めた。
3ヶ月の大がかりな捜査の末、「うさぎという動物は存在しない」との結論に達したのだった。

次にFBI。
なんら手がかりが得られぬまま2週間が経過した後、森に火を放った。
森の動物はうさぎもろとも焼死。「出火元はうさぎである」という発表が行われた。

最後にロス市警。
ものの数分でボコボコに殴られた黒人を1人しょっぴいてくる。
黒人は叫んでいた。
「オーケーオーケー、分かったよ!俺がうさぎ!俺がうさぎだ!」
 
 

posted by 海鮮丼太郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

だから、犬食うな。




MoterSoundsさんから。

307後期あたりから始まったプジョーの大口を開けたようなフロントマスクについては度々話題になったりしますが、その効能とも言うべき事件が以前にも話題になったことがありまして。

これですよ、これ。

犬食ってんじゃねーよ。

ってことで前回は207でしたが、今回は後期型307でありました。
なんでも時速90km/hで犬と衝突したら、大口開けたところにスッポリはまってしまったようでして。
(90km/hでぶつかったら犬は生きていられないだろ!というコメントもあり真偽は定かじゃないですが)

引っ張り出し方が乱暴な気がしないでもないですが、無事なようで良かった良かった。

人間の衝突安全性だけじゃなく、動物にも優しいプジョーさんのフロントマスク。
最新のモデルの形状では恐らく助からないだろうことを考えると、動物愛護団体はプジョーを糾弾しても良いと思います。




posted by 海鮮丼太郎 at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

バーカ、バーカ。

  
 

http://tototalk.jp/top
 
 
posted by 海鮮丼太郎 at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

卒倒!リアル耳カー

mimicar_20110926.jpg

【東京モーターショー11】聞く耳を持つクルマ「耳カー」出発
daretoku.gif
クルマに耳ありクロード・チアリ。

ってことで、誰得感満載の耳カーがお披露目となりました。

普通だったらこの辺はメーカータイアップで最新のクルマを提供してもらって作るもんだが、ベースになってるのはファンカーゴですよ・・・
ファンカーゴっつったら、先代ラクティスのさらに前のモデルなので、販売終了してからもう6年が経過しているわけですよ。
当然中古車ベースになるわけで、華やかなイメージのあるFMラジオ局のキャンペーンも、意外と金ねーんだなぁ、とか思ってしまうわけです。
しかし、クルマ買ってくださいって立場の自工会が共同で行うキャンペーンカーが、型落ちの中古車っていうのは大丈夫なんですかね?

で、その耳カーですが。
懸念したとおり、イラストで見てもアレだったのに、実物をこうやって写真で見ると、ウルトラスーパーでアレな感じであります。

まぁ、声を集めるために“耳”をフィーチャーするっていう方向性が崩せないとしても、なんかこう、ピカチュウカーとまでは言わないものの、耳の大きなキャラなどを使って擬人化した造形にできなかったものなんでしょうかね?

確かにこれが街中を走っていれば、目立つどころの騒ぎではなく、かなりシュールな光景であることは間違いないのですが、遠巻きに眺めることはあっても気持ち悪くて近寄ろうという気にならないんじゃないかと思うわけです。

このキャンペーンの目的は、クルマに対する声を集めることと、最終的にはモーターショーへの動員に結びつけることにあるわけで、そこに求められるものは「カッコいい」もしくは「かわいい」という要素であって、「意表をつく」ってことではないと思うんですが…

この企画を考えたの誰?
申し訳ないけど、センスなさ杉です・・・
 
 
posted by 海鮮丼太郎 at 15:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

アウトラン馬鹿。



走るリアル「アウトラン」筐体が完成、現実をゲーム化してドライブ


まぁ、バカも突き抜ければ本物のバカということでありまして。

AR技術を軸にGPSがうんちゃらかんちゃらの前に、運転している様子を見ると、チラチラと目視で前を確認しているあたり、まだまだ精度としては実用段階ではないということなんでありましょうが、こういったフェラーリカッコいいスポーツカーのゲームをリアルにしてみたらおもしろいんじゃね?的なパッションをこうして形にできる環境があるのと無いのとでは、やはり学生のレベルに開きが出るのはしょうがないよなぁ、って話になるわけでありまして。
片や日本は初音ミクを動かして喜んでるレベルだもんなぁ・・・

それにしても、程度のいいアウトランの筐体が絶滅危惧種であることを知る者としては、せっかくここまでやったんだったもっと実用的でもっと笑いの取れる内容に昇華させて欲しいもんだと思います。

それにしても、土地が余っている国というのは、こういうことをやるのに障害が少なくて羨ましいですなぁ。
 
 
posted by 海鮮丼太郎 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 笑(neta) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする