BLOG RANKINGに参加しております。
訪問記念に押してってくらさい。⇒⇒⇒
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年05月28日

【MFY2016】レースクイーンのお姉さんによるホスピタリティ

MFY2016_12.jpg

カングージャンボリーをageるエントリーを書きましたが、それに対してモーターファンフェスタのホスピタリティが十分ではなかった、みたいな書き方をしました。

しかし、まったくなかったというわけではありません。

むしろ、とても素敵なホスピタリティに出会ってほっこりした出来事がありました。
それがこの写真です。


キレイなお姉さんは大好きです。

ただ、カメラ中年と同列になるのが嫌で、いままでレースクイーンをあまり興味を持って観察したことがありませんでした。

ただ繰り返しますが、キレイなお姉さんは大好きです。


このお姉さんはピットウォークの際に担当するクルマに張り付いて、カメラ中年のリクエストに答えていろんなポーズで撮影対象になっていました。

そんな中で近くを通りがかったこの男の子に

「ねぇボク、一緒に写真撮ろうよ。」

と声をかけました。

親に促されて一緒に写真を撮ってもらうこの男の子は、ちょっと照れくさい表情を見せつつ、でもキレイなお姉さんと写真を撮ってもらうことになんとなく嬉しそうな顔をしています。

この子にとって、この日の写真と思い出はきっと素敵なものとして残ると思います。

クルマのイベントに行って、
キレイなお姉さんと写真を撮って、
いい思い出を作って帰ってきた。

そんな感想がこの子に残ったのならば、モーターファンフェスタのホスピタリティは、この子にとっては満足いくものだったということになります。

この子が今後レースカーの名前を一生懸命覚える子に育つか、お姉さんの写真をいっぱい撮る方向に育つかはわかりませんが、きっとまたサーキットに足を運んでくれるようになるんじゃないかと思います。


当方がこの光景をいいなぁ、と思ったのには理由があります。

モータースポーツが観客の伸び悩みでなかなか興行として成立しにくくなり、スポンサー獲得も難しく予算は減る一方という話をよく耳にします。

そんな中でチームの宣伝のため活躍する華やかなレースクイーンという職業もいろいろ苦労があるとのこと。

そんな状況で今モータースポーツ関係者が取り組むべきは、一人でも多くのファンを獲得し、興行として魅力あるものにする努力だと思います。

レースクイーンのお姉さんがやるべきことは、その美貌を武器にしてファンを獲得することだと思いますが、この写真のようにこれからクルマに興味を持つような子供にもちゃんと声を掛け、ファンを増やそうという努力をきちんとしていました。

大人の、しかもカメラ中年の相手ばかりでは裾野は広がりません。


このレースクイーンのお二人がそのことを意識していたかどうかはわかりませんが、多分やるべきことをわかっていて、こうして積極的に子供に声掛けをしていたんじゃないかと思います。

性を武器にする職業とも言われるレースクイーンですが、当方はこの二人にレースクイーンとしてのプロフェッショナルの心意気を感じました。

他のレースクイーンの方も同様の意識を持ってお客さんに接しているのかもしれません。
願わくば、そうであって欲しいと思います。


レースクイーンについては詳しくありませんのでこのお二人がどういう方なのかは存じ上げません。

ただ、レースクイーンのプロフェッショナルとして尊敬の念を送りたいと思います。

どうかその素敵な笑顔とホスピタリティで、もっと多くのファンを獲得して、モータースポーツを盛り上げていってくださいね。



ラベル:MFY2016
posted by 海鮮丼太郎 at 00:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

FBMの情景:絵になる場所には2CV

FBM2014_006.jpg

FBM2014_022.jpg


こういう、あからさまに絵になる場所に停まっているのも2CVだったりするわけですが、なんかもうズルいですw
狙ってやってるでしょ、もう。

こんな感じでクルマそのもを楽しむよりも、景色を含めて絵になる写真を撮りながら会場内を歩くのも、FBMの醍醐味と言えますね。


ラベル:FBM2014
posted by 海鮮丼太郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

FBM2014の情景:こわくないよ


今年のFBMでは何人かの方から声をかけて頂きました。
お話をさせて頂いた中で衝撃的だったのが、この一言。

「もっと怖い人だと思っていた」

・・・。

こ、こわくなんか、ないですよ。

動揺を隠せずしどろもどろなる俺、みっともない。

そんなわけで、言葉使いは丁寧に。
できるだけやさしい文章を心がけましょう。

ってことでこわくないよ、な一枚です。

会場内で目にした時は我が目を疑いましたが、2CVでもこういった楽しみ方があるんですね。

FBM2014_030.jpg

FBM2014_005.jpg

FBM2014_004.jpg

ハロウィンも近いということでそういうモードなのでしょうか?
なんつーか、スゲーって言葉しか出てきませんでした。

オーナーの方にお話をお聞きできれば良かったんですが、このコンセプトにチャレンジされた理由をぜひお聞きしたかったです。

来年はまた違ったコンセプトで来られるのでしょうか?

比較的2CVはオリジナルのイメージを残した感じで乗られている方が多い印象があるんですが、オーナー層の厚さを改めて感じさせる一台でありました。


こわくないでしょ?


ラベル:FBM2014
posted by 海鮮丼太郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

FBM2014の情景:おやくそく

goheimochi.jpg

トリミングのセンスが悪いとかいうのは言われなくてもわかってる。
本当はいい表情の方たちが映っているお気に入りの一枚だったりするのだが、さすがにこんなところで他人様を勝手に出すわけにもいかないってことで、なんとなくこの背後の絵を想像してもらえるだろうか。

そんなわけで、P5のキャトルクラブの皆さんが集まってるエリアでカウント作業をしてたら、当BLOGをご覧になったことのある方より声をかけて頂いた。

手作りの五平餅をごちそうになりながら、キャトルクラブのことなどをいろいろ聞かせて頂いた。

goheimochi2.jpg

キャトルという年代もののクルマを維持するためのノウハウは実はけっこう蓄積されていて、パーツの調達に関しても世界中で生産されてきたキャトルだからこそ、安いルートでの調達方法なども確立されているとのことで、毎年ほぼ同じ顔ぶれの皆さんがこうして元気にFBMの地に集まって来られるのだそうだ。

オーナー層も幅広く、趣味として、相棒としてキャトルを大切に乗られている方たちなんだな、ということを改めて感じた。

で、この五平餅を焼いているF山さん、なんとなく毎年こうして皆さんに五平餅を振る舞っておられるそうで、他の方からは逆に昨年ごちそうになったからと差し入れを持参されたりと、いつの間にやらおやくそくがゆるーい感じに広がっている印象を受けた。

当方もこうしてお話をさせてもらい、来年またこの方たちにお会いするのが楽しみになった。

自分の中にもおやくそくが一つできて、なんだか楽しい時間だった。



ラベル:FBM2014
posted by 海鮮丼太郎 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

FBM2014の情景:お絵描き

FBM2014_021.jpg

P Groundで行われていたスケッチ大会のスナップ。
個人的にこういう光景が一番好きです。

子供にクルマの絵を描かせると、今の時代はみんな箱型ミニバンのような形を描くそうですね。
まぁこれだけ身近にミニバンが溢れていれば当然とも言えますが。

でもFBMの会場でスケッチをすると、こちらはこちらで個性的すぎて、子供にとっては難易度の高い造形であったりもするわけですがw


こちらは別のお子さんが描かれたスケッチですが、一生懸命描こうとしているところが微笑ましいです。

FBM2014_015.jpg
▲406クーペだそうです

FBM2014_014.jpg
▲205ターボ16とRCZだそうです

ひょっとすると、フランス車のスケッチを続けることで物体の認識能力とデッサン力が飛躍的に上がるかもしれません。

「子供の情操教育にはフランス車のスケッチを」

どこぞのベネッセあたりに金出してもらってキャンペーンでもやってみてはどうでせう?


こうしてフランス車に興味を持って、子供が大きくなったらいつかフランス車に乗ってくれるようなことがあれば、それはそれで夢のある話ですね。



ラベル:FBM2014
posted by 海鮮丼太郎 at 10:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

FBM2014の情景:オペルじゃねーよ

FBM2014_016.jpg


「おぉ!オペルじゃないか!」
「オペルじゃねぇよ」

「でもコルサだろ?」
「だからオペルじゃねーよ」
「何言ってんだお前?」


FBM2014_017.jpg

「オペルじゃねぇ、ヴォクスホール・コルサだ!」

FBM2014_018.jpg

「しかもVXR」

「」



日本から撤退してしまったオペルはイギリスではヴォクスホールブランドで販売されており、しかも右ハンドル。
日本に持ってくる際に右ハンドルの方が都合が良いわけで、そうするとオペルじゃなくてヴォクスホールというさらにレア度の高いクルマになるわけです。
しかもカツカツのチューンモデルであるVXRとか、一瞬我が目を疑いました。

いいですねぇ、こういう道楽仕様が並行輸入で入ってくるというのも。
そしてそれをちゃんと買う人がいることも。


ラベル:FBM2014
posted by 海鮮丼太郎 at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

見事な虹

rainbow20131210.jpg

10kmほどのウォーキングを終え帰途に着く途中で雨に降られた。
駅前のサブウェイで休憩を兼ねて時間をつぶし、家へと向かっている途中で見事な虹が。

ご褒美って奴かね。

自宅の部屋から見ればもっと見事なはずなんだけど、辿り着いた時にはもう消えてしまってましたとさ。

posted by 海鮮丼太郎 at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

嵐の前の変な空

asayake20130916.jpg

5:26撮影。
雨は降ってるんだけど妙に明るい朝。
嵐の前の静けさ…でもうけっこうな強風。
果たして台風18号はどうなるんでしょうか?
 

posted by 海鮮丼太郎 at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

屋上緑地の芝刈り

shibakari20130912.jpg

病院の前にある日本赤十字看護大学の屋上は屋上緑化されております。
で、観察していたところ一般人立ち入り禁止のようで、憩いの場というより断熱性確保と景観対策のために緑地にしているようであります。

まぁ目的はなんでもいいんですが。

で、屋上の芝生も時間が経てば伸びてきてくるわけで、今日はその手入れが行われておりました。

普通に業者さんが芝刈り機でダダダと刈っていくいつもの光景ですが、せっかくこんないい感じになってるなら学生さんが入れるようにしてもいいんじゃないかなぁ、とちょっと思いました。

そんなわけで夏は終わり、秋が始まったようですね。
 

posted by 海鮮丼太郎 at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

桜が咲いたよ。

sakura_20100406.JPG

千鳥ヶ淵はまだまだだけど、
国立劇場前の桜が見事に咲いたよ。
キミのところはどうだい?
 
 
posted by 海鮮丼太郎 at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写(picture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする