情報の全力疾走


さて、新年度も始まって今年の目標は情報の有酸素運動だ!なんてことを書きました。

特にテクノロジーの現場において日々新たな動きが起こる中、ニュースなどで出来事をうぉちしているだけではわからない現場の空気感といったものは、当事者になってこそ初めて理解できるものでもあったりするわけです。

投資をしなければ得られるものはない。

そんなわけで育児に金がかかることから封印していたビデオゲームに対する投資を思い切って再開することにしました。

いや…
割と真面目に考えているんですよこれでも。


ターゲットとなるのはVRとオンラインです。

それはすなわちソニーのPS4 Pro+PSVRならびにNintendo Switchとなるわけです。

どちらも入手困難な状況であり、どちらか先に入手のチャンスが訪れた方をゲットしよう、そう思っていた時期が当方にもありました。


話を遡ると、Nintendo Switchに関しては予約開始当日にAmazon様で予約は取れていました。

しかしその後のニンテンドーストアでの失態を見て、任天堂はこの期に及んでも万全の態勢で臨む姿勢が無いものと判断して予約をキャンセルしておりました。



どうせしばらくはまともに遊べるタイトルが揃わないので評判を見てから判断しようという方針にしたわけですね。

PS4 Proに関しても店頭では品切れが続いているもののコンスタントに入荷しているらしいとのことで適当にオンライン通販で在庫が無いかをチェックしてはいたのですが、思いもかけない事態が発生。

PS4 Pro 在庫有り
Nintendo Switch 在庫有り

いずれも転売屋ではなくアマゾン直販売の在庫。

さてどうするべきか?

普通に考えれば発売から3年半が経過しタイトルも出揃ってきたPS4を選ぶべきです。

しかしSwitchの方も『ゼルダの伝説BoW』が歴史に名を刻むレベルの名作との評価も高く、その興奮をリアルタイムで体感できる機会を逃すのも惜しい。

悩むこと10分。

その間にも減り続ける在庫。

そうか!
両方買ってしまえばいいじゃない!


ってことで何故かこうなりました。

PS4Pro.JPG

switch.JPG

万が一買っても満足度が低い場合、早いタイミングでオークションなどに流せばそれなりの値段が付く状態ですので差額でレンタルしたと考えれば悪い投資ではありません。

問題は、仕事が忙しくてプレイしている時間がほとんど取れないことでしょうか…
毎日Switchをカバンの中に入れて持ち歩いてはいるんですが、電源入れずに持ち帰る日々であります。

PS4 Proに関してはとりあえずお約束の『Rez Infinitie』を買ってプレイしておりますが、コントローラー握りながら寝落ちしております…


で、未だに転売屋に買い占められて品薄の続いているPSVRですが、4月29日に再販されることが公式にアナウンスされています。
PlayStationVRの追加販売に関しまして

2017年4月29日(土)より一部の販売店様の店舗やECサイトにてPlayStationRVRの国内での販売を実施いたします。
販売を行う店舗やECサイトについては、本ページでご確認ください。
ここで投資を止めたら意味がありませんので、全力で押さえにいきます。

そして無事にゲットできた暁には激しいVR酔いでぶっ倒れるところまで行ってみようかと思います。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック