情報のコントロールとある実験

偏向報道.png


2017年はまだあけていない(クドいって)。

ってことで2016年を振り返るにあたり仕事においても私生活においてもインターネット上の情報をどう扱うか?ということを考えさせられる一年だった。

WELQで火がついたいわゆるキュレーションサイトの問題だけでなく、まとめサイトに見られる他人のコンテンツから都合のいいところだけを恣意的に編集して人の感情を煽るやり口が心底嫌いなので、そういったクズ情報をどのように遮断するかということをいろいろと試行錯誤を試みた。

仕事柄世の中のトレンドは常にうぉっちしておく必要があるが、かといって上記のようなクズ情報は完全にシャットアウトしたい。

このバランスを取るのは意外と難しかったりする。

そこで心がけたのが以下の2点だ。

 (1)騒ぎが起こったら一次ソースを確認する
 (2)クズ情報はサイト単位でブロック
 (3)SNSのタイムラインはマメにメンテナンスする

世の中それほどセンセーショナルな事件が多発するわけではない。
その背景にはなんらかの事情があるわけで、大抵の場合一次ソースを当たればその背景を垣間見ることができる。
一次ソースで疑問に思ったことは、自分で背景を調べてみればいい話だ。

インターネットの良い面として挙げられる“集合知”という概念がある。
世間で話題になるような事象には大抵その方面に明るい人が知見を披露してくれている。
そうした知見が集まり正しい知識が形成されることこそが、インターネットの理想的な使われ方である…はずだった。

togetterやNAVERまとめは本来こうした集合知を体系的にまとめるツールであったはずが現状はご覧の通りの有様だったりする。

そのため他人のコンテンツを登用している悪質まとめサイトは軒並み閲覧しないようにし、togetterは編集人のスタンスを確認した上でチェックするなどかなり閲覧の制限を設けているが、実際の所まったく困ることがない。

これはSNSでの情報管理にも通じる部分がある。

自分のtwitterのタイムラインにクズ情報が混入しないようにフォロー関係を最適化し、キーワードブロックなどこまめにメンテナンスすることでタイムラインをより有益な情報が得られる状態にしておくこともまた情報のコントロールという点においては非常に重要だったりする。
(当方のアカウントをフォロー頂きながらフォロー返ししてないのは有害だからという意味ではなく管理しきれないから、という理由ですので他意はありません。有害と思うアカウントはブロックしています。)


情報のコントロールができるようになると精神衛生上好ましいだけでなく、ネタバレ回避などのテクニックも身につくのでこのスキルを磨くといろいろ面白くなってくる。



前置きが長くなったが、上記のように必要な情報を集めつつクズ情報を遮断して効率よく情報を管理・収集する実践として

「ピコ太郎のネタを一度も目にせず年を越す」

というトライアルをしてみた。

わざと見ないフリをするのはアウト。

あくまで従来通りの生活の中でピコ太郎とはなんなのか?どういったことが話題になっているのか?といったブームについての考察が人に語れる程度には知識を得ておくことを条件とした。

ピコ太郎が古坂大魔王であることや、PPAPのyoutubeの再生回数の推移、TR-808の音ネタなどの情報は得つつも、本人のネタ映像は目に入らないようにして年の瀬を迎えた。

紅白歌合戦に出場することがわかっていたので、嫁の実家で紅白を見ることになるであろうことからここが最大の関門と思っていたが、白々しい演出の数々に嫌気がさして途中からカラオケ大会になるという奇跡が起こり、結局当方は今現在もピコ太郎のネタをまったく見たことがない状態をキープしている。


実はこれと同様のことはすでに何度も実践しており、小島よしお本人が披露する「そんなの関係ねぇ」は一度も見たことがない。
ただしこのネタがどういうものかはきちんとキャッチアップしている。

別に小島よしおが嫌いだから、ということではなくそれほど興味はないのでネタの概要だけ押さえておけばいいや、という判断がこうした結果になったと言える。

世の中には面白いことがたくさんあり、各方面にアンテナを向けていると嫌が応にも入ってくる情報をコントロールしなければならなくなる。

その意味でクズ情報をブロックし、重要度の高くない情報は適宜フィルタリングして最低限必要な情報だけ入手できる状態にしておくのは、この情報過多の社会の中では割と重要なスキルなんじゃないかと思った次第。






この記事へのコメント

  • Kozot

    あけてないけどおめでとうございます。
    今年も楽しみに観させて頂きます。

    ピコ太郎ネタは今月スタートの怒涛のなんちゃらMobileとかバイなんちゃらとかのCMは除外対象でなんでしょうか。
    2017年01月08日 15:02
  • 海鮮丼太郎

    > Kozotさん
    あけてないけどおめでとうございます。
    コメントありがとうございます。
    今年も宜しくお願いします。

    ピコ太郎関係のCMが大量放映されているのは伊集院光のラジオで聞いていたのですがどれもネタとしては雑な作りらしいですねw

    年末年始は親族接待&姪っ子と遊んでてテレビどころではありませんでした。

    そのため幸か不幸か未だにCM含めてまだ未見なんですよ。
    2017年01月10日 22:42

この記事へのトラックバック