BLOG RANKINGに参加しております。
訪問記念に押してってくらさい。⇒⇒⇒
ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年12月03日

新型3008はプジョーの集大成のようなクルマだった(1)

20161103_3008_01.jpg

昨日のエントリーでも触れた新型3008のキャラバン初日となる本日、久しぶりにプジョー目黒へと行ってきました。

思えば307swを買ったのもこの店でした。
営業マンの異動に伴って世田谷に移りあれから13年も経ちましたが、まだ307swに乗り続けるとは思ってもみませんでした。


ってことで新型3008は先日のPEUGEOT LION MEETING 2016で先行お披露目されてますので既に実車をご覧になった方も多いかと思いますが、当方は参加できなかったので今回初めて実車を見る機会となりました。

結論から先に申しますと…

“プジョーの集大成のようなクルマ”

でありました。

展示されていたのは3008GT(BlueHDi)ということでトップグレードのフル装備ではありましたが、プジョーさんがこのクルマで何がしたいのかというのを理解するには十分でした。

輸入車を日本で発売する際、日本特有のニーズにどこまで対応しているか?という点で本気の度合いを見極めることができますが、新型3008ではそのニーズをかなり高い次元でクリアしてきました。

それは日本特有だからということでなく、クルマとしてのあるべき姿を模索しながらようやく辿りついたのがこの形だったようにも感じられます。


■刷新されたスタイル
新型3008はCセグメントクロスオーバーSUVの王道ともいえるデザインとなりました。

このカテゴリは日産キャシュカイが先鞭をつけて各社が軒並み参入して激しい競争が繰り広げられていますが、その中でも埋没しないだけの個性として普遍的なカッコよさを追求したデザインと言えます。

既存オーナーから違和感の声も聞かれますが、それは主に従来(というか最も売れた206/307〜208世代あたり)までプジョーが持っていたデザインの思想、例えばワンモーションフォルムや曲線を活かした中性的なデザインといった部分が新型3008にはほとんど感じられないからではないでしょうか。

確かにこれがプジョーだと言われても、パっと見た感じで従来路線との連続性はあまりありません。

しかし細かいところを見ていくと間違いなくプジョーが今まで取り組んできた思想をブラッシュアップした集大成として見ることができます。



■新型3008で失ったもの
新型3008が新しい領域に踏み込んだことで新しい魅力を得たことと引き換えに失ったものもあるわけです。

プジョーが世界的トレンドを作った広大なパノラミックガラスルーフは新型3008では真ん中で分割され前方半分がオープンする、いわゆる普通のサンルーフタイプとなりました。

Peugeot-3008-2017-1280-4c.jpg

実用的ではありますが、広大なパノラマ感はスポイルされてしまいました。


スタイルの変更により普遍的なカッコよさを追求した結果フェミニンな雰囲気が失われたため女性からの評判はあまりよろしくないようでもあります。


先代3008はリアハッチゲートが上下分割式でしたが、新型は一般的なハッチバックとなりました。

つまり、従来どこかカテゴリーの中で異端なキャラクター訴求を行っていたプジョーが、正統派キャラへとクラスチェンジしたわけです。

先代3008を表現する際に使われいた“CUV(Crossover Utility Vehicle)”といった主張から、新型3008では明確に“3008 SUV(=3008はSUVです)”というあえてわかりやすい主張を前面に押し出しています。

ですので(良くも悪くも)個性的であることがプジョーである、という考えとは相反することになるわけですね。

しかし世界戦略車としてグローバルに展開する新型3008はどの市場でも支持される内容でなければなりません。

その一番わかりやすい要素として“普遍的なカッコよさ”を追求したのだとすれば、それは決してネガティブな話ではないと思います。


細かい装備内容については後日発表される正式な仕様表をご覧いただくとして、当BLOGでは他人があまり気にしない、だけど個人的に感じた新型3008の魅力的な部分についてざっくり語っていこうと思います。




■新世代アロマディフューザー
まず最初に注目してるのがそこかよ!ってツッコミが入りそうですが。

フランス車のシャレっ気を象徴するような装備として、207や旧308で採用されていた『パフュームディフューザー』という装備がありました。

これはエアコン吹き出し口に専用のアロマユニットを挿入することで車内に香りが広がるという興味のない人にはまったく意味のない装備でありました。

別に専用のユニットを使わなくても芳香剤を車内に置いておけばそれなりに香りを演出することは可能でしたので専用品を積極的に使う意味を見出せなかったオーナーの方も多かったと思います。

とはいえ車内というプライベート空間に香りの演出を加えることがクルマの魅力に繋がるという考え方をPSAは割と真面目に研究していたりします。

クルマのかほり


香りが人に与える効果というものはまだ全容が解明されてはいませんが、気分によって香りを切り替えて楽しむことはアロマセラピーによって一般的なものになりました。

だからこそPSAはクルマと香りということにこだわっているのでしょう。

上記のエントリーで触れている新型のディフューザーというのが新型3008に採用された新世代のアロマディフューザーという事になるわけです。

従来型のように単にアロマユニットをセットするのではなく、複数のアロマユニットから香りの成分をタッチスクリーンの設定画面からコントロール(切り替え、配合など)出来るそうです。

スポーティに緊張感をもって走りたい場合とリラックスして巡航したい場合それぞれで香りの演出が変わるというのは新鮮な体験を与えてくれるのではないでしょうか。

これだけでもロングテストで香りと心理効果について研究論文が書きたくなるほど興味深い機能です。

響かない人にはまったく響かないのですがw



■いろんなサイズに対応したカップホルダー
フランス人は運転中に飲食をしない、という日本のドライバーからするとまったく理解不能な理由からか、プジョー車におけるカップホルダーはまともに使えるものがほとんどありませんでした。

我が家の307sw(前期型)は辛うじてセンターコンソールにペットボトルが2本入るスペースが確保されていましたが、それ以降のプジョー車はカップホルダーはあるもののペットボトルが物理的に入らないとか妙に使いづらかったりと我々オーナーを悩ませてきました。

新型308でこそギミックを凝らしたカップホルダーが装備されましたが、新型3008はごく普通に2本入るホルダーが装備されました。

20161103_3008_02.jpg

写真からは分かりにくいのですが、カップをホールドする4本のツメがサイズの小さいボトルからペットボトルサイズまでしっかり押さえてくれます。

いいじゃないですかこういうの。

プジョーがカップホルダーにちゃんと取り組んでくれたってことで、それだけでもう目頭が熱くなってしまいますよ。



■CarPlay&Android Auto正式対応
本国ではすでにハードウェアとしては対応している両サービスですが、日本導入に際して208や2008のマイナーチェンジでは非対応となっていました。

しかし新型3008に関しては正式にAppleのCarPlayとGoogleのAndroid Autoに対応するとのことです。

ただし開発スケジュールの都合で新型3008発売当初に間に合うかは微妙な状況だそうで、間に合わなかったとしても後日アップデートですべてのオーナーに提供するとの話でした。

新型308や208ではi-Cockpitとして大きなスクリーンを搭載したもののそこにビルトインする日本製カーナビとの連携がうまくいっておらず満足度はあまり高くありませんでした。

その意味では無理に自社調達するのではなく技術革新のスピードの速いCarPlayなどに対応することでユーザーに複数の選択肢を用意しておくのは非常に好感が持てます。
(CarPlayやAndroid Autoが現時点であまり使い物にならないというのは時間が解決してくれる問題です)



■インフォメーションタッチパネルが日本語対応
208や新型308、2008でもUIまわりは外国語表記(曲名など一部で日本語表記対応)だったものが、新型3008ではメニュー表示も含めて完全日本語表記となりました。

20161103_3008_08.jpg

一部まだ表現が怪しい部分がありましたがこれも鋭意修正中でちゃんとした表示にするということだそうです。

かつては燃費表示でさえ日本式の●●km/L表記へのローカライズすら手を抜いていたメーカーがモニター表示が日本語ですってよ、奥様。

この手のローカライズというのは全てのメニュー、説明文言などあらゆる箇所を違和感なく日本語化しなければならないため、正直言うととても手間とコストが掛かります。

その割に細かいところをネチネチと指摘される(そりゃ母国語の表記ですから変なところは目についてしまいます)ので割に合わない投資ではあるのですが、ここできちんと日本語に対応することはそれだけ顧客満足度を高めようという意識の現れでもあります。

プジョーの本気を垣間見た気がします。

その代わり出来がイマイチだったらみんなで笑って指摘してやりましょうw



■AdBlue注入口がちゃんとしてる
新型308に追加導入されたクリーンディーゼルであるところのBlueHDiでありますが、尿素水(AdBlue)を定期的に補充する必要があるためマフラーの真上、テンパータイヤスペースの右側に注入口が設けられています。

実用上はまったく問題ないんですがなんとなく後付け感が感じられたのも事実です。
これが新型3008に関しては給油口と並んでAdBlue注入口が併設されていました。

20161103_3008_04.jpg

基本的にディーラーでの一年点検もしくは車検のタイミングでAdBlueを補充するそうで、プジョーさんの場合購入時に無償で付いてくるメンテナンスパックにAdBlueの補充も含まれています。

年間数万km走る人とかでない限り自分でAdBlueを補充するようなことはないでしょうから注入口がどこにあろうがあまり関係ないと思われるかもしれませんが、こういうところもきちんと設計されているというのがスマートでいいなぁ、と思いましたとさ。

ある種の美学でありますね。
もちろんガソリンエンジン仕様にはまったく関係ない話です。




なげーよ。
つづく。


タグ:3008 2nd
posted by 海鮮丼太郎 at 20:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 車(Car&Culture) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめして!いつもブログもTwitterも拝見しております。プジョーオーナーでなくともクルマ好きには、とても楽しめる内容で楽しみにしています。!

ところで新型3008にハマりまして、どうしても欲しいと考えて半年経ち、本国のカタログ、マニュアルを読みつくし、先日遂に3008GTが発表され興奮しております。

しかし…。発表された写真を見る限り、英国のGTで標準装備のマッサージ&シートヒーター(メモリー付電動シート)ではないじゃありませんか!
この装備が無いと本気で並行輸入を考えているところです。
それぐらい本当に欲しいクルマです。

そこで、PSAの事情通であられる海鮮丼さんに相談しようとコメントさせて頂きました。

フル装備と言いつつ、日本人向けには、本国よりグレードダウンの仕様にするのが、PSAなのでしょうか?
確かに、日本ではシートヒーターを欲しがる層は限られます。そんなに欲しいならフォレやCX-5でいいのかもしれませんが、逆にフォレやCX-5以下のクルマがプジョーなのでしょうか?

特にマッサージパックなんつー装備は、フランス車エンスー的には笑われる装備かもしれません。
しかし運転席と助手席にマッサージチェアがあるのは、レクサスにもベントレーにも無い新型3008が唯一無比の存在です。私は旅もするし、スキー場がある地方なので、マッサージとシートヒーターは欲しいです。ヨーロッパにあって日本に無いのは、とても悔しいです。
日本人でマッサージシートは欲しいと思っているのは私だけでしょうかね〜(笑)

英国でも高価なGTを日本では350万以下で売るなら、納得しますが、船賃や為替込で400万を超えるならOPでもマッサージパックとかシートヒーターの装備はカタログに入れるべきだと思うのです…。

そこで発売される前に、Jean-Michel AUMONT氏にに直訴しようと考え、某SNSで見つけたのでお友達申請しました。(笑)
そういや海鮮丼さんは以前、Jean-Michel AUMONT氏からコンタクトを受けていたようですが、プッジョージャポンさんに要望を出す場合、どのようにした良いのか?ご相談したく長々と書かせていただきました。
あわよくば、Jean-Michel AUMONT氏をはじめ、現地法人の方々がこのコメントを見て頂くことを祈りつつ失礼致します。
長文、本当に失礼致しました。
続きを楽しみにしています。マッサージパック装備があったりして?(笑)
Posted by ねこぐま at 2016年12月05日 19:38
>ねこぐまさま

大変熱量のあるコメントを頂戴しましてありがとうございます。

また、当BLOGならびにtwitterもチェック頂いているとのこと、重ねてありがとうございます。

新型3008に関してはプジョーファンのみならず多くの方が注目されているであろうことは各方面の定点観測から見えてきておりますが、ここへきて一気に興味を持つ方が増えているようですね。

ご指摘の通り展示車にマッサージ付きシートヒーターは装備されておりませんでしたが、あれが最終仕様というわけでもないとのお話もありました。

現在プジョーの中の方にねこぐまさんの熱いメッセージを交えてその辺りの感触をお聞きしておりますので、回答が得られるようであれば追加情報としてお伝えいたします。

一般論として書かせて頂くと、プジョーという大衆車メーカーが販売する車種においてあまり過剰な豪華装備を付けても支持されにくいというのは今までの取り組みからある程度は見えています。

しかし一方で最近のプジョー車の完成度の高さならびにプジョー自身がブランド価値をより上級なものにしていくというプレミアム路線を狙っていますので、マッサージ付きシートヒーターは標準装備は難しいとしてもオプション扱いで十分理解は得られるのではないかと個人的には考えております。

特に新型3008はプジョーオーナー以外の方もかなり注目していますので、そうした方を取り込むためにプレミアムの上を行くラグジュアリー仕様があってもいいのかな、とも思います。

とはいえ装備を増やせば原価が上がり、それが販売価格に跳ね返るという現実もあります。

高いクルマを売りたいとプジョーが思っても、消費者が実際に買ってくれなければ意味がありません。

日本導入に関する仕様を決める場合はこのニーズと販売に掛かるコスト(原価、販管費など)をどうバランス良く調整するかで各メーカーとも頭を悩ませている部分かと思います。

とはいえ、欲しいものは欲しいと声を上げることは消費者の特権でもありますので、ご要望をぶつけてみた上でプジョーさんがどう打ち返してくるか、それを見守ることにいたしましょう。
 




Posted by 海鮮丼太郎 at 2016年12月06日 11:09
海鮮丼さま

ご多忙の中、早々の返信ありがとうございました。
おかげさまで、元気が出ました。
この返信がプジョージャポンさんの返答であって欲しい!と、まで思える海鮮丼さんの見識の深さと愛情を感じます(笑)
さすが人気ブロガー!と深く思った次第です。
ダメでも頑張ってみようと思います。

確かに日本は市場としては、もう美味しい国じゃないかもしれませんが、せっかく好きになりはじめたプジョーのオーナーになりたいですね。
まあ本国仕様を深々と見てしまった自分にも責任がありますが(笑)

では、本当にありがとうございました。
何度も読み直しています(笑)
Posted by ねこぐま at 2016年12月06日 19:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444624758
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック