プジョー207情報 ぼちぼち流出開始

207ラインナップ

プジョーの次世代コンパクトのラインナップである207シリーズがいろんなところで目撃されるようになってきた。

Féline 207
CarSpyShots.net

既報のとおり、207のラインナップは3&5HB、ステーションワゴン、カブリオレそして派生車種として2007というミニバンタイプが用意されているらしいが、現在は前3車の露出が目立つ。
内装についても随分質感アップしているのがわかるが、サイズ的には10cm程度の拡大、307シリーズで確立した背高スタイルは踏襲せず、どちらかと言うと全高を抑え目にすることでスポーティな路線を狙ってくるようだ。
フロントマスクは407シリーズから採用されている吊り目のヘッドライトに大口を開けたようなデザイン。
これはもう、こういうもんだと自分に言い聞かせるしかないだろう。

世界戦略車として重要なフルモデルチェンジではあるが、基本的にはキープコンセプトといったところだろうか。
ただし、メカニック的な部分や各種情報を表示するディスプレイスペースを確保するなど、電子制御によるフルCAN化が図られていることだろう。
ますますサードパーティがアフターパーツを出しにくい環境になりつつあるが、この辺は欧州ではどう受け入れられるのだろうか?
ほかにも、BMWと共同開発した1.6Lエンジン投入など、見どころは結構ありそうだ。

従来の206シリーズ

206シリーズは日本においてプジョーが大躍進する原動力になった車種だけに、207シリーズも充実したラインナップで投入されることは確実だが、信頼性をどれほど高められるか、正念場である。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック