値上げの春

そんなわけで、プジョーさんの4月1日からの販売価格改定の発表がありましたよ。 プジョー車ならびにシトロエン車のメーカー希望小売価格を改訂  ~ 消費税8%への移行にともない、4 月1 日より適用~ (PDF) シトロエンも同様に値上げのアナウンスをしております。 ってことで、気になるのは増税にかこつけて便乗値上げするケースも散見されるので、今の税別価格に8%プラスした額との差額を…

続きを読む

シトロエン宮前店が閉店。

  我が家から一番近いプジョー&シトロエン関連のお店として、たまに遊びに行っていたシトロエン宮前店。 そんなシトロエン宮前店に何やら異変が。 シトロエン宮前http://www.citroen-m.com/ なんだこれは? ということで、先日ちょっと出かける途中で前を通りかかったら店頭の在庫車がえらく減っていたので改装でもするのかな?などと軽く考えていたら、…

続きを読む

「PureTech(ピュアテック)」の表記が消えたらしい

  パワートレインを刷新した新型208ならびに先日発表された新型C3。 どちらも1.2Lの3気筒エンジンとETG5を搭載したことにより、アイドリングストップなどの装備も含めた新要素を総称して「PureTech(ピュアテック)」と呼称することで新規性をアピールしていた。この「PureTech」は欧州でも使用されており、PSAのパワートレインの呼称としてブランド化を進めているものだ。 …

続きを読む

3008と5008がフェイスリフト(1)

フェイスリフト(Face-lift:外装意匠の変更)が必ずしも性能アップを伴うものではないというお手本のような仕様変更のお話だよ。 そんなわけで、プジョーのフルラインナップにおけるSUVパートを受け持つ3008とミニバンパートを受け持つ5008が、昨年8月末の欧州でのフェイスリフトから遅れること半年で国内にも投入されることが発表された。 プジョー、「新型 3008 フェイスリ…

続きを読む

2008を見てきた(2)

  前回のつづき。 今回の内覧会で展示してあったのがカラド・ブルーの2008 Premium、試乗車がパール・ホワイトの2008 Cieloだった。 雪はかなり解けているとはいえ、道路はまだまだ濡れ&汚れており、真っ白なクルマで走るのは気が引けるのだが、試乗車がこの色なのだからしょうがない。 乗り込んでみると、ドライバーズシートが妙に後ろ下がりな感じを受ける。 …

続きを読む

C3の値下げに見るシトロエンのバジェットブランド化

   シトロエン「C3」に新パワートレインを搭載し発売開始  ~新エンジン&トランスミッションで燃費を 57%改善、203 万円から~  (PDF) 1月6日に208のパワートレインが3気筒1.2Lエンジン(アイドリングストップ付)&ETG5に刷新されたが、一ヶ月遅れでシトロエンのC3もマイナーチェンジによってパワートレインを刷新した。 基本的な構成は208と同等ではある…

続きを読む

2008を見てきた(1)

大雪の降ったこの週末。 試乗にはもってこいの日和だ。 そんなわけで、プジョーさん渾身の新型クロスオーバーSUVであるところの2008のデビューフェアが開催されているというので、足元の悪い中ディーラーに行ってきた。 2008に関しては昨年の東京モーターショーにあわせての公式発表から発売まで結構な時間があったものの、モーターショーではドアロックが掛かっていて中が見れないとい…

続きを読む

無重力の撮影方法

特撮からCG全盛の時代になって、表現出来ない世界は無いと思わせるようになった昨今の映画。 そんな映画の撮影技術についてはあまり詳しくはないのだが、それでもCGがどの程度までリアルに描写できるか、ぐらいはなんとなく想像がついていた。 ただ唯一、無重力状態での撮影に関して、どのようにやっているのかがわからなかった。 まさか本当に宇宙まで行って撮影するわけにもいかないし… 地球…

続きを読む

知られたくないことだってあるんだよ

当方、生まれた時から電気ビリビリな感じで育ってまいりまして。 マイコンとか呼ばれてる時代から、カセットテープのロード音で何のプログラムか当てられる特殊技能を身に着けたりもしました。 で、コンピューターにバラ色の未来の可能性を信じて、仕事はずっとコンピューター関連、現在は電子書籍界隈で仕事をしております。 で、そんな当方だからこそ気になるニュースがあったりするわけです。    ス…

続きを読む

マツダが誇張したグラフの件で謝罪してた

  マツダから妙なプレスリリースが出た。 お詫びと訂正 http://www.mazda.co.jp/philosophy/tech/env/info/20140207.html このたび、弊社広報資料において一部誤解を招く可能性のあるグラフが存在することが判明いたしました。 エンジン性能に関する数値そのものに誤りはございませんが、グラフをご覧になった方が、トルク特性について誤…

続きを読む