飛田新地 the Underground

この報道をを見ると、どこまでがOKでどこまでがOUTなのかがわからなくなった。 売春目的:女性紹介の元組員ら7人逮捕 大阪・西成   売春目的で女性を紹介=やってることは売春じゃないのか?   借金のカタに売り飛ばす=こりゃアウトだな   九州を供給源=本人の意思じゃないからアウトなのか…   肉料理店として開店=えっと…ある意味肉料理??     うーむ…前提条件…

続きを読む

飛田新地から見る大阪というワンダーランド

大阪と言えば、いつも泊まるのは西成地区の格安宿。 一晩2000円+駐車場1000円=3000円だ。 大阪は駐車場代も高く、車上荒らしも多いため、ホテルのフロントそばに駐車してそこから徒歩で観光に出た方が機動的だから、敢えてこのエリアを好んで使っている。 まぁ、食って呑んで遊んで戻ってきたら後は寝るだけだから、徹底的に安く抑えるというのは一人旅だから出来る合理化プランではある。 っ…

続きを読む

まるでRPGな一日

平成17年1月某日。 私の城であるところの城主の下に国王よりひとつの書簡が届いた。 「汝に申し渡す。   ・勇者認定書   ・城砦証明書   ・借金明細書   ・レシート この4つのアイテムを揃えた時、汝に今後10年にわたり納めた税金の一部を褒美としてくれてやろう。 別にめんどうだったら集めなくてもいいけど。」     < PUSH START BUTTO…

続きを読む

iPodの中からこの1曲

When my love said to me Meet me down by the gallow tree For it's sad news I bring About this old town and all that it's offering Some say troubles abound Some day soon they're gonna pull the…

続きを読む

遠藤雅伸先生

一部でカルト的な人気を博しているTHEパンティー右脳クイズだが、そのヒットも作者自らによる地道な宣伝活動の賜物だということを忘れてはならない。 っていうか、THEパンティー右脳クイズの発売時期に、スカパーで放映された番組が、BBで観れるようになったということだそうで。 http://bb.i-seven.ne.jp/bbs/ch/bbfactory/asx/sim/sim08.a…

続きを読む

車載用iPodについて考える(2)

前回は、カーオーディオとの連携という方法について書いてみたが、iPodの操作体系をきちんと再現できていない、ということであれば何も専用のキットを買わなくても良い。 PhoneOUTをカーオーディオの外部入力(AUX)に繋ぐことができれば、iPodを直接操作することで思い通りの曲選択が可能となる。 AUXに接続することができなくても、FMトランスミッターで飛ばすという方法であれば、電源さえ確保…

続きを読む

車載用iPodについて考える(1)

iPodの出現により、従来の音楽の聴き方というのが大きく変貌したというのは言わずもがな。 じゃあ、車載用という視点からiPodの利用を考えたとき、これだ!という明確な回答が今ひとつ浮かばない。 iPodが単なるミュージックプレイヤーから、ミュージックサーバへと役割が大きくなってしまっているからだ。 1000曲を超えるライブラリを再生させようとすると発生する問題点は以下の通り。 ━━━…

続きを読む

iPodの中からこの1曲

ある日君はつまらないことで 街中の鼻つまみさ 教会の裏へ呼び出されて 泣いていたのを覚えている 力になりたい。勇気がないだけさ 力になりたい。勇気さえあれば 関わる事がカッコ悪いと 誰かが影でつぶやいている 背中を走る熱いエナジー 負けん気が僕の体を押したよ 力になりたい。勇気がないだけさ 力になりたい。勇気さえあれば Hello,are you freiend…

続きを読む

湘南で夕日を見よう(7)

■江ノ島 で、そのまま走る事約5km。江ノ島に入ってそのまま突端へ。 眺めのよい場所だったので、稲村ヶ崎公園ではなく、ここで夕日を眺める事にした。 この場所は江ノ島のいちばん突端部分の駐車場になっているエリアで、海岸沿いが散歩できるようになっている。 さらに海岸沿いの岩場は釣り人たちのスポットになっているようで、夕焼けに映えるシルエットはなかなか絵になるものだった。 晴れていれ…

続きを読む

湘南で夕日を見よう(6)

■稲村ヶ崎公園 夕日を見る、というスケジュールなので、ちょっと時間がなくなってきてしまった。 麩帆、鎌倉文学館をパスして、一路江ノ島方面へ。 海岸沿いを走るルートがあったのだが、帰りも同じ道になるので、江ノ電沿いの道を行くことにした。 途中、偶然発見した「力餅家」で力餅を3つだけ買ってみる。 賞味期限が当日というなかなかおみやげにしにくいお菓子なのだが、食べてみるとこれが(゚д…

続きを読む